« 19.ホタルとバッタ | トップページ | 20.浜崎あゆみライブレポ »

2003/10/30

番外編2:サボっていたあいだの日記7泊8日

■10月20日(月)
1年半ぶりの大阪。夜にクルマで近所をあちこち走ってもらう。
環状線を走っている途中、万博公園のそばで太陽の塔が見えた。
おお、まさに「20世紀少年」的世界。
ともだち!ともだち!ともだち!ともだち!

■10月21日(火)
野球が中止になったので、
難波やら心斎橋の辺りをひとりでさんざんぶらつく。
大阪球場の跡地に立派なショッピングモールができていてびっくり。

しっかし大阪の市営地下鉄は運賃高すぎ。
梅田から心斎橋の距離で200円ってどういうことよ?
営団だって初乗り160円だよ。まったく市営のくせに……
っていうか、市営(民営じゃない)だからいけないのかな。
そういや横浜の市営地下鉄も高いものね。

それはそうと、阪急電車のレトロな外観は◎。

■10月22日(水)
その日見た夢①:
第3戦途中。
先発はムーアで、10対5でダイエーがリード。なんて不吉な。

その日見た夢②:
片瀬那奈とキスしそうになった。
彼女の方から「キスしてもいいよ」だって。
でもあとちょっとってとこで目が覚めた。ああ、もう。

本日の第1試合:
関西学院大対関西大リーグ戦(準硬式)。
従兄弟が出ているのだが、彼の活躍でみごと逆転勝利。

本日の第2試合:
夢とは違って、2対1で逆転サヨナラ。
勝ったのはいいが、しっかし疲れた。
10回矢野の敬遠は作戦としては正しいんだけど、
悲しいかな、ああいうのってだいたい裏目に出るんだよね。
それにしても和田はよかった。さすがにいい投手。

■10月23日(木)
今日は幼なじみの子(というか)が夢に出てきた。
小学校のとき以来会っていないのだが、なぜか結構いい雰囲気。
なんだろう、環境が変わると見る夢も変わるんだろうか?
しかし金本の一発にはシビれた。

■10月24日(金)
帰りの飛行機で石原良純を発見。あまりじろじろ見てはいけない。
機内のニュースでは兄やんが映っている。弟のほうが濃ゆい。

■10月25日(土)
アメリカも日本も、今日は野球がなくて平和な1日。
でもJリーグがあるので結局テレビの前。だめぢゃん。

■10月26日(日)
朝起きたらワールドシリーズが終わっていた。
がびーん、ががびーん!!
まったく本拠であっさり負けるなよなあ。
そうですか、ジョシュ・ベケットはそんなにすごいですか。
一度も見れなかったよちくしょう。
ことしはボストンとの7戦目がいちばんおもしろかったな。

さて、シリーズが7戦までもつれこむ。
弱った、リンキン・パークのライヴとかぶってしまった。
ここまで長引かないだろうと思ってこの日にしたのに。
しかたないのでヤフオクでチケットを売ることにする。
無事に売れたのでほっとひと安心。臨時収入1万。

マンUを粉砕した稲本のゴールはすばらしいの一言。
しかも場所はあのオールド・トラフォード。信じられん。

ミュージシャンのエリオット・スミスが自殺していたのを知って
ちょっとショック。大ヒットはしないけど、いい曲書いていたのに。

■10月27日(月)
通院日。ここのところ流れが澱んでいることをいろいろ話す。

家でひとりでテレビを見てもつまらないので、
渋谷の路上で最終戦を観戦。30人ほどの人だかり。
明治通りにも阪神ファンの姿がちらほら。
案の定和田を打ち崩せない。回が進んでも球威が落ちない。
ホークスおめでとう。広澤おつかれさま。

|

« 19.ホタルとバッタ | トップページ | 20.浜崎あゆみライブレポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/167508

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編2:サボっていたあいだの日記7泊8日:

« 19.ホタルとバッタ | トップページ | 20.浜崎あゆみライブレポ »