« オーバーエイジ | トップページ | あれはインテルではない »

2004/07/25

44.チマチマ

 サッカー教室に行ってきました。水曜日に。教室とはいっても、ひどく初心者向けのやつですが。
 前回も書いたけど、以前「同じチャンネルで空気を吸っていると人間としての器がチマチマしてきます。出会いを求めて~」と言われたのが結構気になっていて、いい機会だし、まあひとつここは別の空気も吸ってみようと思って。そういやなんだかんだ言いつつ同じ界隈でしか生きてなかったものなあ。どうもここのところマンネリ感というか、何もかもがつまらないという感覚がどこかにあったのだけど、結局ひきこもりやら思春期問題の付近にしかいなかったんだもの。そりゃあ人間チマチマもするって。そういうことに少しだけながら気づかされたひと言でありました。

 とはいえ、まったく知らないところにひとりで行くのはどうも心細いので、サッカー好きの友だち何人かに声をかけてみる。みんな興味は持ってくれるのだが、都合がつかないやら調子が悪いやら肉離れを起こしているやら(しかも試合中にではなく、キックターゲットをやっててやっちまったらしい)で結局だーれもつかまらず。仕方がないのでひとりぼっちで行ってきました。乗りなれない電車に乗って、片道710円をかけて。なんだかなぁ、やっぱ友だち少ないんだよ。ほら。

 時間に余裕を持って30分前に現場に到着。ふだん遅刻増発の僕が時間を守るということは、それだけ緊張していることの証。そういうところは正直に出るから自分でも結構わかりやすい。わかりやすかったからどうというものでもないのだけれど。
 実際現場に行ってみると、思っていたのより子どもが多い。こっちはひとり。いい大人。もうはじめから不安全開。しかしもう現場に着いてしまっているのでいまさら引き返すわけにも行かず。「まあなんとかなるよな~、たぶん~」などと思いつつ、あきらめて受け付けを済ませました。初心者向けというわりには、体育館の中からのぞく練習の姿は初心者のそれではなかったけれど、そういうこともなるべく考えないようにする。そう、そういうのはあまり考えないほうがいいんだよね。考えてもろくなことなんてありゃしない。自分もこの歳になっていい加減わかってきたけれど、世の中の人というのはそんなにものごと考えて生きてるわけじゃないんだ。結構適当、かなりいい加減のなりゆきまかせ。自分でもそれがわかっているからこそ、うだうだ考えるんじゃなくてからだを動かしたかったんだと思う。おっといかん、そういう考察自体がすでに考える会モードだ。いかんいかん、思考は捨てよう。無心に綴ろう。

 最初は緊張したけど、なんだかんだでどうにかなってしまいました。サッカーをやるのは小学校の休み時間以来(いつだよそれ)。いや実際には去年の秋に友だちの集まりにお邪魔してミニゲームに入れてもらったことがあるから約1年ぶりなんだけど、でもまあ20ン年ぶりと言っといても違いはないでしょ的状態だったのだが、それでもなんとか付いてはいけた。日頃壊滅的に運動不足の状態で付いていけたのだから、なんだかんだ言いつつ初心者向けってことになるのかもしれない。コーチの側は初心者だろうが経験者だろうがあんまり気にしてないみたいだった。うまく混ぜてしまえばそういうのはごく妥当なあたりに中和されてしまうのかもしれない。
 教室についての感想を言えば、これは結構楽しかったです。ゲームのあいだはもう心臓バクバクで破裂しそうだし、酸欠のうえに呼吸困難なんだけど、でもそういうのが新鮮でうれしい。「あたまよりもからだ」と日頃言い続けているわりにはまるで実行が伴っていなかったわけだが、こういうときはほとんど何にも考えていない。思考を空にできる。ただただ身体を動かす、そして走る。まわりは知らない人ばかりだがそういうことも気にならない。というか、動くことで精いっぱいで何かを考えてる余裕がないからなんだけど。でも、「あー、こういうのが大事なんだなー」といまさらのように気づいたりする。いや、こういうのが本当に大事なんだって。

 実はこのサッカー教室に行く当日、具合が悪かった。精神的なものではなく身体的に。体調の問題。どうもそれまで気がつかなかったのだが、暑さにやられて頭に熱がこもってしまっていたらしい。無意識に冷房を首筋に当てたりしていたぐらいだから、からだは先に気づいていたようだった。
 そういやここのところ食うもんも食ってなかったし、あまり寝れてなかったからなあ。いつもどおり寝るのは遅いんだけど、暑さで早い時間に目が覚めてしまう生活だったから、睡眠時間は意外に足りてなかったかもしれない。また、食欲がないのも「おお、これでまたちょっと痩せられる。わーい」ぐらいにしか考えていなかったのだが、それも「栄養が足りてない」ところまで行ってしまうとちと考えものだ。この日からは反省して少しずつちゃんと食べるようにしたし、普段はあまり好かない冷房も必要なときにはきちんと使うようにしました。なにせまだ7月だもの。ここでへばっちゃ持ちきれないさ。

 さて、具合が悪かったにもかかわらずサッカー教室なんぞに行ったのは、少し休んだら落ち着いてきたのと、もうひとつはせっかくの機会を逃したくなかったから。こういうのを逃しているとしわ寄せはあとにいくものです。そうなるのは自分としても避けたかった。結局身体の熱が頭の熱をも放射してくれたのか、サッカー終えたらなんか治ってましたけど。むずかしいことはよくわからないけど、まあ人生は結果論ということで。

 サッカーは月1回だけど、とりあえず通おうと思っている。それと別の場所でも同じようなものをやっていたので、これは友達といっしょに申し込んだ。先のことはあんまり考えていない。ただ面白そうだから、友達が一緒に行ってくれるから適当に申し込んだだけ。でもべつにそれでいいんだと思う。さっきも書いたけど、世の中の人はそんなに深く考え込んで生きてるわけじゃない。結構適当、かなりいいかげん。なりゆきまかせでもいいんじゃないかな。サッカーのほかにもいくつか考えてることはあるけど、言葉にするとなにかが消えてしまいそうなのでここでは伏せます。でもほんの少し、こんな感じでいいような気がする。そう。こんなふうに、たんたんと、たんたんと生きていけたらいいなあ。そんなことを感じています。

 じゃあもう4時半になるのでいい加減寝ます。それでは。チャオ。

|

« オーバーエイジ | トップページ | あれはインテルではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/1043414

この記事へのトラックバック一覧です: 44.チマチマ:

« オーバーエイジ | トップページ | あれはインテルではない »