« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004/09/29

アンテナ

携帯のアンテナが取れてまいた。前から付け根が緩かったんだけど、歩いていたらいつの間にか落っこちてしまったらしい。う~~~ん、う~~~ん。

しかしアンテナのない携帯電話ってなんだかマヌケですね、姿が。なんかすっげぇダッサイ。でも当面機種変の予定もないし、このまま我慢するしかないのかなー。

あ、ヨドバシとか行けば売ってるかな? 代わりのやつ。ちょっと探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

天花

NHKの「天花」の視聴率が史上最低だったそうな。ふーん、そんなもんかなあ。
藤澤恵麻の演技がヘタというのがもっぱらの理由だそうですが、たいして見てなかったのでなんとも言えん。彼女は連ドラ女優初の「演技経験ゼロ」女優だったんだよ~と言ってもそれほど足しにはならないだろうなという気がする。

「天花」がはじまる前、この藤澤恵麻を見て思ったのは、「独特の雰囲気をまとった不思議な子だなぁ」ってこと。この子はいずれ大化けするんじゃないかって感じた。そういうごく自然な、でも押しつけのないオーラを持っていたから。

なんでも、彼女は以前「ノンノ」のモデルをやっていたらしい。モデルさんのようには見えないけど、へーって感じ。そのうち田中美保やEMIや森きみ(森貴美子)なんかも女優デビューするんだろうか。

ともあれ、視聴率云々に惑わされず、自分の道を進んでいって欲しいなあと思うのでした。
でも、こういうのっておじさんくさい??(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/26

寒い1日

今日は寒いですね。
きのうはジーパン履いてったら途中で暑くなっちゃったけど、今日はこれでちょうど。
上も長袖を着てないと寒いくらいです。しかもちょっと厚手のやつでないとね。

気温が低いせいか、首や背中が痛いです。また始まってしまいました。齢かなあ。
30スイッチ入ったら「老いた」って感じがぴったりです。
変なところでお腹に軽い差し込みが来たりもするし。

老いた老いた老いた。老いた老いた老いた。
ふぅ……さぶさぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

51.リアル・ビートニクス

 詩の朗読会というものにはじめて行ってくる。今日の主役はナナオサカキさん。日本におけるリアルタイムのビート詩人と呼ばれる人で、かのゲイリー・スナイダーもそこかしこで絶賛してたりする。ある意味においては「伝説的存在」と呼べなくもない。で、僕もその「伝説的」を目当てに参加したうちのひとりなのだけど。

 書きたいこと&書くべきことは山のようにあるような気がするのだけれど、今日はもうちょっと疲れすぎた。楽しかったのとはべつに、どうも人あたりをしたらしい。なにせ知らない人がほとんどだったからなあ。今日はあそこに泊まろうかどうしようかかなり悩んだのだけど、後ろ髪の思いで帰ってきてしまいました。それでいまみたいな時間になってこんな日記を書いているというわけ。こういうときに限って時間が経つのが早い。そういえば今日は土曜日だった。終電が早いんだ。ちくしょう、バカバカバカ。

★ただひとつだけ、今日確認できたこと:
 ロックであれビートであれパンクスであれ、本物というのは自らを「俺はパンクスだぜ!」みたいには言わないらしい。せっかくの機会なのでこんなことを聞いてみた。

 ――ナナオさんはケルアックとかギンズバーグとかバロウズみたいな“ビートニク”の文脈で語られることが多いですが、自分ではそういう“自分はビートである”みたいな感覚はおありなんですか? 

 「いや、全然ない。いまもないし、当時もなかった。たしかにそういう言われ方をされることは多いけど、アレンもゲイリーも僕に対してそういうことは特に強要しなかったな。“おまえはビートでなきゃならんとか、ヒッピーでなきゃならん”みたいにはね。そうじゃなくて、彼らは僕の人格をそのままに認めてくれたんだ。うん、あれはよかったなあ」。

 なるほど。

 気が乗ってきたのでもう少し書いてみる。
 ナナオさんの朗読を聴いていて思ったのは、
1.ビートとかロック云々じゃなく、ナナオサカキはまずナナオサカキなんだろうなあということ。
2.そして彼にとっての詩というのは、彼の生き方の副産物に過ぎないのだろうなということ。
3.「ビート」は結果であって、目的ではない。この3つだ。

 そしてどうやら、その予感はある程度当たっていたように思える。なんといってもナナオさんは、「いま現在」を生きている人なんだ。だから「この詩はもう読んだっけ?」とついさっきのことを忘れる。何度も忘れる。どうも過去のこととか、所有とか肩書きみたいなものには興味がないみたいだ。だからおそらく、「日本における伝説的ビート詩人」みたいな言われ方をされるのも迷惑なのだろう。そんな気がする。「私には血筋などはない。私は砂漠のネズミだ」という言葉は結構有名だけど、そういうのもそういった文脈から出てくるものなんだろうなあと勝手に思ったりする。違うかな? たぶん合ってると思うんだけど。

 まああれだ、「俺はパンクスだぜ!」みたいな言い方をする人に限って髪切ってスーツ着て手堅い銀行か何かに入っちゃったりなんかするんだよね。まあ、ありがちといえばありがちなんですが。そういう人は……いっぱいいるよね。学生運動のなんたらとか。

 ともあれ、同じ目線でああいう面白い人と話ができたのは実に楽しい経験でした(しかも酒を飲みつつ。えへ)。そういえばナナオさんはうちのじいさんとほぼ同い年なんだよなあ。ひやあ、なんて恐ろしい……。
 最後に、朝から入って仕込みや料理の仕度をしてくださった工房のみなさま、ほんとありがとうございました。なんか美味しいところだけを持ってったみたいですっげー申し訳ないのですけど。いいのかな?(いいよね?) ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/19

泥棒には気をつけて

2件隣の家が泥棒に入られたとのことで、金目のものやら貴金属やらを軒並み持ってかれたそうです。おお、怖い怖い怖いよう。ついでにすぐ近くのアパートの窓を切って鍵を開け、中を物色して行ったんだとか。きゃー、きゃー、きゃー。いやだよう。

そういえばここのところ空き巣に注意みたいなことが盛んに言われていたのでした。でもいまどき泥棒さんなんているのかいなという疑いがあって、それほど気にしていませんでした。でもこうして、実際にその被害を間近で聞くと、こりゃしっかりせんければな、と思うわけです。そんなのに入られたら気分悪いものね。実際的な被害のことはともかくとしても。

ともかく、戸締り声かけ。それに不在に見せない工夫。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/16

ばったり。

何かがよっぽど疲れたらしく、夕方5時ごろにぶっ潰れて起きたのは12時。
食欲もないし、体調も悪いみたい。頭が痛い。集中力なし。風邪か??

今日の「しんどい」はゲストが男ばっかなので面白くない。だるだる。

ジャック・ビルヌーヴ、ザウバー加入には驚く。てっきりBARかと思っていたのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

アルバム5

最近よく聴いているアルバム5選。

・Bjork:Greatest Hits
・Bjork:Live Homogenic
・Keane:Hopes&Fears
・Alicia Keys:The Diary Of
・U2:Live from Boston(DVD Lip)

Keaneはよく名前を聞くので試しに聴いてみたけど、これが予想以上に良い。雰囲気的にはColdplayをも少しメロディックにしてちょい甘な感じ。メロディのきれいさにやられるのだが(新人とは思えないくらい佳曲が並ぶ)、ただしアルバムも半分ぐらいまでいくと、リフの強いアメリカン・ロックがムショーに聴きたくなってしまう。アイスクリームと添えつけのウエハースみたいな関係といえば近いか。アルバムを通しで聴くのはいささかつらいなぁ。

Alicia Keysはちゃんと聴いたらかなり良かった。ビヨンセが東京ドームでアリシアがベイNKというのは話が逆だろうという気がする。少なくとも音楽的評価はその順番になると思う。ビヨンセも、それはそれで質は高いのだけれど。

U2のライヴはDVDの音だけCDに落としたもの。が、この日のボストンのは前半が良くて後半がイマイチという流れ(U2のライヴはこういう前後半で出来が分かれるのがよくある)。Elevation Tourではやはりニューヨークのがいちばん良かったかな。ボストンは持つだけ持ってて聴いてなかったので聴いてみた。

最近発売の新譜はいいのが見当たらないんだけど、これからU2とR.E.M.の新譜を控えているのでここはしばらく我慢の時期です。ニンニン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/13

ヨン様3名様

「ヨン様に似てるよね」と主張する人が3人に増えた(笑)。

うーん、そうかなー。などと考えていたら、
いまよりもっと髪の長い時期に(その上に太っていた時期に)、
つんくやら西城秀樹に似てると言われて閉口したことがあった。
ま、あれか。同じ傾向ってことですか。むむむ。

しまった、今日も「あいのり」見逃した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

50.変わらないものごと

 ここのところ5年前につけていたノートを読み返している。精神科に通うようになって、診察やらカウンセリングやらの内容をこと細かにつけていたノートだ。なぜこんなに熱心にメモを取っていたのかは自分でもよく説明ができないのだが、きっとこれはひどく大切な、何がしかの記録をつけられるべきものなのだという認識があったのだろう。結果的にその直感は僕を(たぶん)正しい方向へと導くことになった。こういう記録づけなしには、自分の中の混沌を整理するのはもう少し困難な作業になったことだろう。もっとも、整理されればそれで万事オーライかというと、それはそれでまた別の領域の話になってしまうのだが。そう、村上春樹の小説のなかにも出てくるように、何かを理解しているということと、それを目に見えるかたちに変えていけるということは、また別の話なのだ。そのふたつがどちらも同じくらいうまくできたら、生きていくのはもっと簡単なのだろうけれど。

 実を言えば…というほどのものでもないのだが、こうやって文章を書くようになったそもそものきっかけはこのノートにあったりする。それまでは文章を書くのは本当に苦手で、大学で出される400字詰め5枚のレポートを書くのにも四苦八苦してたぐらいだから、ものごとというのは変われば変わるもんだなあといまさらのように思う。

 5年前に書いたノートを読み返す理由はまた別のところにあるのだが、読んでいて発見したのは、どうもいまの自分は5年前とあまり変わりがないらしいという、ひどくトホホな事実だった。自分ではこの5年間でいろんなことが変わったと思う。ひとつ、ひきこもりから抜け出した。ひとつ、友だちの数がその前よりも格段に増えた。ひとつ、この5年間で歳を5つ食って30になった(笑)。ほかにはいつのまにか携帯などというものを所持するようになったし、さらには、理由は不明だが文章を書くことが好きになった。親戚付き合いも復活するようになったし、数えてみたら携帯のメモリーは180件を少し越えていた(もちろんそのうちのほとんどは使っていない。この国の大半の人がそうであるように)。そして驚くべきことには、わが阪神タイガースはいつのまにか優勝争いをしてペナントを取るまでの強豪チームへと変貌していた。すばらしい、貴重な達成だ。これを歴史的快挙と言わずしていったい何だというのだろう。しかしある部分においては事態は何ひとつ改善していない。これだけ長いことパソコンを使っているにもかかわらず、HTMLとは何かをいまだに理解できていないし、エクセルの使い方もまったくわからない。「泳ぎをおしえてくれる彼女を見つけるという目標はどうなったの?」という友だちからの質問にはいまだ何の答えも提出できずにいるし(お願いだからいらんことを聞かんでくれ)、25メートル、いや、10メートルさえ泳げないという事実にも何の変化の兆しも見られない。10メートルを泳ぐどころか、プールの塩素の臭いを嗅いだだけで気分が悪くなるという始末なのだ。ものごとはそれほど都合よく劇的には変わってくれない。あぁ、ドラえもんいたらなぁ。宇宙人いたらなぁ。ドラミちゃんでも……まあいいです。

 もっとも、その程度の些末なことがらならまだいいのだが、話が自分にとってより重要度の高いことがらともとなると、そう笑ってばかりもいられなくなる。自分にとっての課題はあの頃とまるで変わってないんだ、まるっきり一緒やんということをこの目で確認することになる。これはけっこう辛いものがあります。
 ともあれ、当時のノートからその一部を抜粋してみる。ちなみに、(カ)とあるのは、かかりつけのカウンセラーさんのコメント。「※」以下は現在の僕からのコメントである。正直、ここまで自分の変わらなさぶりを目の当たりにすると真剣にげんなりしてくる。げんなりしたところで、それで状況が変化してくれるわけではまったくないのだけれど。

◆99年8月23日(月) カウンセリング1回目
 (カ)自分の内面を見つめる力もあるし、それと同時に外の世界のようすも見えているようだ。でも、何か自分に自信が持てないでいる。
 ※読んだときに思わず笑ってしまった。こないだ会ったべつのカウンセラーさんもまったく同じことを感じたことだろう。

◆9月6日(月) カウンセリング3回目
 自分の性格・好み・趣味などについては大体わかっているが、それがその後のことに結びつかない。何をしたいか、すればいいかもわからないし、それがわかったところで仕事・生計というところに結びついていかない。だからどう対処すればいいのかまるでわからない。
 ※いちばん焦りの強い時期の記述だが、これもそう大きくは変わっていないような気がする。まあ、これほど青くはないですけれど。

◆10月21日(木) カウンセリング7回目
 対人関係方面は割と順調にいっている。しかし、社会復帰となった場合、一体自分が何をしたいのか、といったことが明確にならないので、どうしていいのかわからない。(中略)自分の過去を見つめるといっても、どこからどう手を付けたらいいのかわからず、まるで作業が進まないというのが現状。
 ※これについては多少やり方がわかってきたところ。“社会復帰”という言葉を使ってしまうあたりが「若いなあ」と思う。“社会参加”だよね。

◆11月29日(月) カウンセリング10回目
 いまある輪の中では上手くいっているが、新しいステージへの移行ができない。ボランティア、軽いアルバイト、英会話など、候補はあるが、特にやりたいというほどのものでもないので体が動かない。自分の中に何か強力な推進力があれば、例の「履歴書の空白問題」なんかもすんなりクリアできるように思うのだが……。
 ともかく、いまはさしあたり「エンジン」が見つからないので、近いところから手をつけていくようにするつもり。
 ※「エンジン」という表現は当たりだったと思う。どうも欲求が薄いというか、衝動が弱いというか……。

◆12月13日(月) カウンセリング11回目
 アルバイト等でもそうだが、事を起こすのに慎重な方だ。慎重すぎる、選びすぎているという感覚は前からあった。物事を決めるときに慎重であるというのは悪いことではないと思うのだが、考えすぎて腰が重くなったりフットワークが鈍くなったりしている。人からはよく「マイペース」と評されるし、自分でもそういうところがあるとは思うのだが、その一方で、周囲からの評価を気にして動きが取りづらくなっている自分がいることも感じている。
 ※ほとんど変わってないですね、これは。

◆1月13日(木) カウンセリング13回目
 (とある自助グループで居心地が悪かったことに関して)
 輪の中心に近いところにいれないと嫌なんじゃないか?
 ※たぶんそうなんだと思う。承認欲求が強いのかもしれない。

◆1月27日(木) カウンセリング14回目
 自分に対するイメージ・目標を高く設定するきらいがある。状況に応じてそのイメージを下げることができない。その結果、自分の抱えているイメージ(理想)と現実の状況との乖離に戸惑い、その「場」から降りてしまう。
 ※多少マシになったとはいえ、これもあまり変わってはいない。ハードルの設定は高いですね、確実に。それが一概にいけないことってわけじゃないと思うのだけど。

 しかし我ながら実にあっぱれな省察である。どうやら5年前の僕のほうが自分の状況がよくつかめていたようだ。ある意味予知能力者的な才能があったのかもしれないし、ひょっとしたら僕は、この5年で生物学的および知能的退歩を遂げたのかもしれない。
 さらにさらに、さっき1年半前のインタビュー原稿を読み直したら、いまよりはるかに立派なことが書いてあって少なからずガッカリしてしまった。あれ、俺ってばこんなマトモで聡明なこと言ってたっけ……? すでにそんなことを言ったことさえ忘れてしまった。おかしいな、若年性アルツハイマーになるにはまだ少しだけ歳が若いような気がするのだけれど……。これも見苦しい言い訳なのか。

 そういえばこんな記述もあった。

◆12月20日(月) カウンセリング12回目
 「ひょっとして自分には他人を見下している部分があって、まわりの人はそれに気づいているのだが、それを表に出していないのでは」と思った。自分でははっきりと気づかないのだけれど、まわりの人は薄々感づいているような……。

 あは、あは、あはははははははははは。うるさいんだよ、バカ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

圧勝!

3-0でした。

結局観に行ったよ。勝ったよジュビロに。なんだかんだであれか? リーグ戦4連勝なのでは? それにしても3-0はひどい。横浜が強いというより磐田が弱いんだと思う。あんなに精彩のないジュビロははじめて見た。特に中盤から後ろ。菊池を除けば存在感も何もあったもんじゃない。中盤の華麗なパス回しとやらはいったいどこへ行ったのか。前(FW)は良かったけど、半分から後ろがあれでは。前田は以前より太くタフになったなぁ、カレンロバートはやっぱり右より前のほうがいいよなあ、なんてことも思ったりしたけど、そんなことを言っても負けは負けだ。焼け石に水。セカンドステージの優勝はさすがに厳しいのでは。地力はあってもこれではねぇ。再生には時間がかかりそうです。

本体のほうでポンチエッセイを2本片付けました。たいして面白くもない内容だけど、書いてしまったからにはとりあえず出す。出来映え云々のことについては考えない。考えない考えない考えない……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

49.「セカチュー」の夜、ビョークとCA4LAと選択肢について

 不覚にも「世界の中心で、愛をさけぶ」の最終回を見てしまう。
 いや、ほかに見るものがなかったんだ。報道ステで野球のが終わったからNHKに切り替えたんだけど、したらこっちもすぐ終わっちゃうし。その時僕は晩飯どき。オカズなしでメシを食うのはちょっときつかった。だから特にどうという理由もなく見てしまう。「綾瀬はるかって結構かわいいじゃん」とか思いながら。

 良い。
 泣きはしないものの、結構良いじゃないっすか、これ。売れまくってる小説(映画・ドラマ)だからずっとヘソを曲げてたのだけど、そんなにきらうこともないのかなあと。すばらしい内容かどうかは知らないけど、変な抵抗なくすっと心に入ってくる。気がついたらごく自然に感情移入してる。書評のたぐいなんかでは「特に目新しいこともないありがちなストーリー。“泣きたい”人が読んでわあわあ騒いでるだけ」みたいなことが書いてあったけど、そういう言い方ってくだらん強がりかもよ、などと思うのでした。そんなの防衛してるだけじゃん。まあね、僕は知る人ぞ知るメジャー指向の人間っすから。いまビヨンセ聞きながらこれ書いてるし。しかしこの分だといまに「冬ソナ」がどうとか言い出しそうだな、怖いな。
 そういえばこないだある人に「ペ(ヨン様)に似てる」って言われたけど、やっぱそれ全然違うと思いますよ。だって、そんなこと言ったのあなただけですもん。評価してくれるのはそれで嬉しいんですが、しかしなあ……。そんなこと衆人の前で言ったらきっとぶっ殺されると思う。いや、きっとじゃない。絶対。ヨン様は髭なんか生やしてないしね。

 ここのところビョークにはまっている。といっても昨日からだけど。
 良い。むかし聴いたときは「?」だったけど、11年(長いな)の時を経てようやく価値がわかりました。たしかにこの人はとっつきにくいタイプだもんね。「Homogenic」のジャケだけで聴く気が失せた経験があるのは僕だけではあるまい。でも良い。「Vespertine」とか、「Army of Me」とか。新しいアルバムもきっちり落とした。むかしのもひととおり揃えました。特にボックスセットで出たライヴ盤がいいんだ。録音もいいしね。ビョークという人は一度ハマると延々聴いてしまう常習性がある。キケンだ。そういえばこないだのフジロックの音源持ってるんだよな、なぜか。オーディエンスで超音悪いけど。どうしようかな。っていうか誰に言ってるんだ、これ? あ、気にしないで聞き流してください。ただのしょうもない独り言ですから。

 今日は「からだほぐしワーク」というからだを使ったワークショップに行ってくる。やはりからだはだいじだ。ここ数年頭ばっかり使ってきたせいか、あるいは元々頭で考え込んでしまう性格のせいか、最近は気持ちがからだにいってるのです。もう少し首下を使ったほうがいいよ。頭とからだのバランス。これ以上頭が重くなったらいまにドラえもんみたいになっちゃう。2頭身だ。2頭身はいやだ。似合う服も何もあったものじゃない。そういえばドラえもんは服着てないな。着ないのかな。トイレ行ったらどこからおしっこ出すんだろう? うんこするんだろう? ロボットだからしないんだろうか。いやいや、そんなことはあるまい。食ったドラ焼きはどこへ行くのか。藤子不二夫はこの質問に誠実に答えてもらいたいと思う。というか生きてるんだろうか? よく知らない。ま、いいか。いいな、どうでも。

 ワークのあとはひさびさにワールドポーターズに遊びに行く。まえよりなんか寂れたような気がするのはただの気のせいか? 寂れたというか、庶民臭くなったというか……。そういやヴィレッジ・ヴァンガードにプレイモビル置いてなかったな。扱いやめたのかな? だったら悲しい。ソニプラもすっかり扱い小さくなっちゃったし。みなさんもっとプレモを買おう。レゴはいいです、アメリカだから。子ども用のおもちゃはやっぱりヨーロッパだ。ドイツだ北欧だ。しかしヴィレッジ・ヴァンガードは暇が潰せすぎてしまうのが何といっても困る。活字系の物欲を刺激すぎるのはほどほどにしてほしいと思う。そんなことを言ったところでどうなるものでもないことはわかってはいるのですが……。
 ついでだからと思って、ようやくにしてはじめて赤レンガ倉庫のエリアに行ってみる。デートスポットですな。おっしゃれーな。店舗数はそれほどでもないが、洒落たセンスのいいお店がいっぱい入ってる。カップルがむやみに多い。でも気に入った。CA4LAには初めて入りました。何気に帽子好きなんだよね。お金少ししか持ってなくてよかった。「良い!」と思うのがいくつかあってかなりヤバかったです。話には聞いてたけど、ここはいいお店みたい。しかし基本的に好きなんだな、こういう「おっしゃれー」なところ。ユニクロでいいやとはどうしても思えない。もっと上に行きたい。下げられない。目標値が高い。服にかぎらず、なんでもかんでも。そこに行けるかどうかはともかく、そこに自分がふさわしいのかどうかはともかく。困ったものだ。実に、まったく、本当に。いったいどうしたらいいんだろう?

 「In New York, freedom looks like too many choices」
 U2の曲の歌詞だが、そのとおりだと思う。ニューヨークを東京に置き換えても横浜に置き換えても話はまったく同じ。選択肢が多すぎる。だから迷う。悩む。選択肢が多いことは必ずしも人の幸福ではない。同じように、選択肢が少ないことは必ずしも人の不幸せではない。都会にいるからいけないんだろうか。田舎にいたほうがいいんだろうか。たしかに田舎は何かが決定的に楽だもんな。決める前にものごとは決まっているし。いちいち選択を突きつけられることはそれほどない。でも、これはそういう「どっちがいい」的種類の問題でもないような気がする。その両者の中間という選択肢はないものでしょうか。たぶんそこが自分にとっていちばんふさわしい場所のような気がするんだけど。

 いやいや、当面僕が直面しているところの問題は、招待券をもらった明日のマリノス-ジュビロ戦を観に行くかどうかなんですけど。国立は遠い。しかしカードはよい。いったいどうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/02

藪が今オフにFAでメジャー行きとあったけど、ほんとかなあ? 今季そんなに活躍してないし、あっちが欲しがるだけの力があるかどうか疑問。でももし行ったらがんばってくださいね。行かれちゃうと先発の駒がますます足りなくて困っちゃうんだけども。

阪神の八木は今季限りで引退とか。まあ仕方ないか。ごくろうさま&おつかれさま……というのはまだ早いか。

福留に死球をぶつけてしまって悪いことをした。なんでも今季絶望だとか。下柳、それはないだろうが。

そういえば藪は女性に人気がある。それもどちらかというと、あまり若いとはいえない女性に。野球のことなんて何にも知らないうちの叔母でさえ「あの藪っていうのがカッコイイ」の言い張ってたから、なにかくすぐる部分があるのだろう。うーん、よくわかりませんねぇ。

藪は好きですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »