« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005/01/30

58.赤と黒

 その人に似合ったセルフカラーというものがどの程度あるのかは知らないが、かなり長いこと、僕の好きな色は青とグレーだった。クローゼットを開けると、なぜか同じような色ばかりが並んでいるのに気がつく。そうですね? 黒が好きな人は「もう似たようなのをたくさん持っているのに……」と思いつつまた同じような黒を買い足してしまうし、青が好きな人は似たような青を買ってしまう。白でも赤でも、黄色でも然り。色だけでなく、似たような種類の服ばかりがそろってしまうというワードローブ問題は、林家ペー・パーでなくとも、きっと誰しもが抱えているものだと推察する。だって、この手の話はよく聞くものね。僕もその犠牲者のうちの一人です。これは結構悩むんだよな、実際。

 だが僕のそのワードローブ的セルフカラーの分野において、ここ半年ばかり、いくらかの変化が見られはじめた。色が変わったのである。増えた色は黒と赤。もともとモノトーンよりは色ものを好むたちで、むかしからわりに派手め色の占有率が高かったのだが、若干ながら、その比率に変化が起きてきた。それはどうしてだろう?というのがここでの主題のひとつである。どうしてこんなことが起こったのだろう??

 そもそものきっかけは、サッカーの練習着だった。
 去年の6月に成人向け初心者対象のサッカー教室に通い始めたのだが、当時僕はサッカーに適した服なり練習着なりというものを持っていなかった。とりあえずはそれなりのTシャツを持っていってみたのだが、綿素材のシャツは汗を吸うとなかなか乾いてくれないという欠点につきあたった。夏場だったこともあったし、それに背中にぐっしょり汗がへばりついている姿というのはそれほど見映えのいいものではない。
 で、すこしだけ参加してみて、これなら自分もいけるかなと見当をつけた頃に、たまたま立ち寄ったスポーツショップで練習用のプラクティスシャツが安く売られているのを発見。ナイキ製のなかなかカッコいいのが定価より安値で売られていたので、さんざん迷ったあと、思い切って買ってみることにした。全体が黒ベースのデザインで、ポイントで赤のスウォッシュと小さなマークが入っている。サッカーユニにありがちな胸のスポンサーはなし。クラブチームのレプリカではなく、一般の練習着だからそんな鬱陶しいものはつかないのだ。これは一般用プラクティスの優れた点だと思う。あの胸のスポンサーマークって結構ジャマくさいからね。その点バルサや国代表のユニというのは余計なものがなくてたいへん好ましい。もっとも代表のユニなんて持ってないんですけどね。日の丸とか鬱陶しいし。

 なんとなく見た目だけで買った黒×赤のプラクティスだったが、家の引き出しに転がっていた同じく黒地に赤のパンツと合わせてみると、これがピッタリだった。特にサッカー用のものではなくて、何かの拍子にダイクマで500円で買ったノーブランドのハーパンである。しかも今まで全然使っていなかったやつ。しかしいまではそれがすっかり気に入って、練習に行くときはいつもその赤×黒を着て出かけるようになった。
 考えてもみれば、以前の好みとはほぼ正反対である。もともと赤系のビビッドな色が苦手で、大人っぽい黒も似合わないような気がしてずっと避け続けていたのだから、この変化は自分にとっては結構な驚きだった。そういえばこの1年くらい、青い服を買った記憶がない。まるでない。まったくいったいどうなっちまったんだ?

 黒×赤がカッコいいというのに気がついたのは、実はそれほど最近のことではない。
 白状すれば、小学生の頃読んでいた「少年ジャンプ」にまで遡る。当時「ジャンプ」に連載していた「キン肉マン」がそのきっかけだ。おお、恥ず。
 この「キン肉マン」の最後の王位争奪戦の時にキン肉マンが着ていたコスチュームが、黒と赤の配色だったのである。それまでキン肉マンのコスチュームといえば、白パンツ一丁のだっさ~いものだけだったから、この変化には当時の僕もずいぶん面食らった。しかもこれがなかなかカッコいいのである。このコスチュームは作者のゆでたまごが考案したものではなくて、読者の応募によるものだったようだが、これを見て、「黒と赤というのはずいぶんいい組み合わせなんだなあ」という印象を強く持った。おそらくは、そのときの印象があれから15年以上経ったいまになってむくむくとその頭を盛り返してきたのだろう。子どもの頃の記憶というのは実に馬鹿にならない。つくづくそう思う。

 以来、スポーツセンターにトレーニングに行くようになってからも、ほぼこの配色のカッコで出かけるようになった。……というよりは、この色しかトレーニング用のシャツを持っていなかったというのが偽らざる理由なのだが、とにかく黒と赤しか着なかった。メインのトップスは黒のシャツで、洗い替えのときに使うサブのシャツは赤という具合。すっかりそれで覚えられてしまったので、いまさらほかの色に変えるというのもできづらい雰囲気がある。まあ、べつにそんなことはどうでもいいんだけど。

 なぜ赤と黒(「黒と赤」といったほうが正しいか)がいいのだろう? それについては自分でも考えた。いままでの好みとは正反対の色。たぶんそれは、黒というのはどこか強そうに見えるから、というのもあると思う。日本やヨーロッパではあまり見かけないが、ブラジルのバスコ・ダ・ガマなんかは黒ベースのシャツでかなりカッコよかった。なにかこうシャープで、意思が1本通っているような気がする。
 それから、赤と黒というのは、ともに主張の強い色というのもある。目立つし、強そう。特にこの2色が組み合わさると、その傾向は一層強くなる。なにかちょっと悪者っぽい雰囲気もあったりするけどね。そういえばルパンⅢ世のカリオストロ公国の国旗が黒地に赤十字だった。イングランド国旗の<St. George>を黒地にしたかたちのデザイン。うん、たしかにあれはカッコよかったぞ。

 でも色の好みが変わったいちばんの理由は、いままでのセルフカラーに飽きたということに尽きるのではあるまいか。青とかグレーとかはもういいやと思っているのではないだろうか。違う自分(?)を試してみたいのではないだろうか。薄弱な根拠ながら、そんなことを考える。ま、単にそういう季節だということかもしれないですけど。

 そうそう、こないだの月曜に人と待ち合わせをしたら、「なんか雰囲気違うね」と口々に言われた。「そう?」と返すと、「うん、街の人みたい」とのこと。をいちょっと待て、「街の人」ってなんだ? 趣旨がわからん。「じゃあいままでは?」と聞いたら、「なんかね、“自然の人”って感じ。棒とか持ってそう」。は? なんですかそりゃ。わしゃ田舎のガキ大将か。短パンにランニング着てんのか。虫とか追ってんのか。でもまあいいや、どういうものであるにせよ、何がしかの変化はあるみたいだから。それにいままでとちょっと違うって、なんだかちょっと面白いしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

病人

風邪引きでつぶれてました。火曜日から今日まで。
今回のはわりに長かったなあ。もうだいぶいいみたいです。
ぶり返さないよう気をつけねば……。ぐずぐず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/23

57.冬の空

 夜の散歩が好きだ。
 それも、冬の寒い夜に出歩くのがいい。「寒くないの?」とか聞かれそうだけど、その寒い夜に暖かいカッコをして、「ああ、あったかいあったかい」などと言いながら歩くのがいいんである。手袋をして、ダウンを羽織って、場合によっては帽子をかぶって外へ出る。もちろんマフラーは必需品だ。うん、これが実にあったかい。外はもちろん寒いのだけど、でもなんだか満ち足りたような心がふくらんだような、幸せな気分に浸れる。でもこれがくそ暑い夏の夜だとこうはいかない。ほどほどに寒い夜でもいまいち。逆説的な言い方になるけど、暖かさを感じるにはそれなりの寒さというものが必要なわけだ。なんだか暑いんだか寒いんだかよくわからないような話。でもとにかく寒い冬の、よく晴れた夜に出歩くのが好きだ。冷えた空気はどこかぴんと筋がとおっていて、空は高く、星たちは混じりけのない白い光を地表へと降ろしている。ざわめきのない冷えた闇の中では、ヘッドホンから流れるCDの音もいつもより親密に聞こえる。こんな澄んだ夜には、僕と音楽との距離はいつもよりすこしだけ近い。

 出歩くときはたいてい、「ちょっとそこまで」のつもりで出ることが多い。はじめから何キロも歩こうなどというウォーキングめいた気分で出ることはそれほどない。「ちょっとそこまで」のつもりがやがてそうではなくなり、気持ちが乗って2時間3時間というのがほぼいつもの決まったパターンだ。僕には慣性の法則というものがどこかにあるらしく、家にいるときはいつまでも家にこもっているし、外に出れば出っぱなしでいつまでたっても帰ってこない。その中間があればいいのだが、そういうものを見つけられたことはあまりない。もうすこし中を取れれば、きっとものごとはもっとすっきりと都合よく流れてくれるのだろうけれど。
 歩くコースは特に決めていない。なんとなく歩いて、その日気の向いた方角に向けてでたらめに歩く。なにか気になるものがあれば近づいて見るし、ふだん歩かない歩道橋なぞが目に入れば、とりあえず考えなしに上がって景色を眺める。橋の上は風景が違う。新鮮だ。ふだんいったい自分は何を見ていたんだろうとげんなりすることもないではないが、発見の割合のほうが多いので、たいていはちょっと得をしたような気分になれる。小さなことで喜べるっていうのはけっこう大事なことかも。小さなことで喜んでいるうえに小さなことで腹を立てるというのでは、これはこれで人格を疑われてしまいそうだけど。

 夜の夜中。近所を歩いていて気がつくのだけど、結構遅い時間に電気がついている家が多い。夜の2時とか3時だ。「おいおい、こんな時間にみんな何やってんだよ」。僕はついそう言いたくなる。「そういうおまえこそ」という設問はここではとりあえず脇にのけとくとして、深い夜中に黄色い明かりが窓からもれ出しているのを見ると、やはり何かが気になる。こんな更けた時間に、人はいったい何をやっているのだろう?
 もうすこし直接的な問いかけ。このなかで外に出ることもできず、また家族とも疎遠にし続けている人はどれくらいいるのだろう? 賑やかな昼間の喧騒を嫌い、夜の静かにやすらぎを見出す人は。陽の沈んだ暗い夕方に目覚めては、繰り返し続く後悔と自責の念に駆られる人は、いったいどれぐらいいるのだろう? 確率にして1割未満と仮定しても、母数が母数だけに、決して少ない数にはなるまい。歩きながら、そんなことを考える。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 そうそう、このまえ流れ星を見ました。散歩の途中ではなく、夜、駅から家へ帰る道すがらだったのだけど、低い南の空に、ひと筋の赤い光が見えた。
 それは赤くて速くて、なんだか禍々しい感じでした。願いごとを述べるまでもなく、それはあっという間に西の空へと消えてしまった。実に残念。でも流れ星を見たのなんて小学生以来、二十数年ぶりのことだったから、これはこれでなんだか得した気分。いや、実際すごいラッキーなのかもしれない。流れ星もかなりでっかかったしね。オリオン座やシリウスの明るさなんて、全然メじゃないぐらい。

 しかし赤かったです。流れ星なんていうメルヘンかつロマンチックなもんじゃなくて、巨大な岩石が大気に突入するような、もっと即物的で物理的な燃え方をしていました。どっかの地表に激突して穴でも開けてんじゃねぇかって感じ。実際あれは隕石だったよな。翌朝の新聞か何かに載ったかもしれない。知らないけれど。でも、だったらすげぇなぁ。ほんと、あの星はいったいどうなったんだろう?

 冬の夜には何かがあります。流れ星を見たのはあくまでラッキーなイレギュラーとしても、しばしばの確率で、何がしかの発見や幸福が見つかる。とてもちいさなものだけどね。でも、そのちいさな幸福や幸せが心をすこしだけあったかくしてくれるから僕は好きだ。ヘッドホンから流れるU2の新譜や、ふと立ち寄ったコンビニで買った肉まん、自販機のコーンスープ、歩道橋から眺める車のいない静かな道路、そんなひとつひとつが澄んでいつもとは違う輝きを見せる。昼間の世界では影を潜めてしまうものたち。自分でもよくわからないけど、僕はそんなものがことのほか好きなのかもしれない。もっとも、雲が出て影ってしまったら、そんなメロウな気分には浸れないのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

林檎の唄

神です。凄すぎ。ここのところの聴き倒し盤・「加爾基精液栗ノ花」。
そしてDVDripの「下克上エクスタシー」。
素晴らしすぎます。オートリピートエンドレスリピート。

ここのところほかによく聴いているのは主にAlice In Chains。
ネガティヴ系ですね、はい。調子悪いんです。なんだかね。
というわけでグランジ再興です。アンダーアンダー。
イェーい!(←やけくそ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

凶星墜つ

流れ星を見ました。南の空に。赤くて速くて、なんだか禍々しい感じだったな。
でも流れ星を見たのなんて小学生のとき以来だから、な~んか得した気分。
実はすごいラッキーなのかもしれない。かなりでっかかったしね。
オリオン座の明るさなんて全然メじゃないぐらい。

しっかし赤かったです。
流れ星なんていうメルヘンかつロマンチックなもんじゃなくて、
巨大な岩石が大気に突入するような、もっと即物的で物理的な燃え方をしていました。
どっか地表に激突して穴でも開けてんじゃねぇかって感じ。
実際新聞か何かに載るかもしれない。だったらすげぇなぁ。
あの星はいったいどうなったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

すげーすげー

デビュー戦でいきなり1ゴール1アシストとは。
大久保嘉人、すげーすげー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/09

藪、メジャーに入団す

アスレチックス入りですか。
ハドソンとマルダーが抜けてスターターが手薄だったもんね。
結構重宝されるかも。
抜けられた阪神にとっては先発不足が深刻ですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/07

あたまが寒い

頭が寒いです、ここのところ。
クリスマス前頃からかなあ、急に寒くなってからというもの、頭が寒いんだ。
帽子が手放せませぬ。毛糸の、キャップじゃないやつ。
しょっちゅう被ってるおかげで、髪ぺったんこです。人に見せられたもんじゃない。

あ、あの、言っておきますけど、薄毛とかそういうあれじゃないっすからね。
純粋に寒さの問題だと思う。たぶん、おそらく、きっと。

なんなんかな。これも老化の一種なのか。
それとも急激な気温の変化の仕業なのか。
なるべくならば後者であることを祈っているわけですケド。ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

2005

明けましたね。
しかし新年入って最初にしたことが外に出てストーブの灯油を入れたことってのはどうなのよ? 
うわ、地味ー。でも風邪が治ったから良いとしましょう。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »