« 61.あいのり | トップページ | 一人のび太 »

2005/03/06

62.堤家はどーなる??

 ここのところ西武グループ大揺れ&堤義明逮捕のニュースが連日伝えられているのですが、どーも気になることがある。今後の西武グループ、いやコクドの経営者の問題である。
 いや、堤義明なきあとのコクドは分割されてどーにかなっちゃうことはわかっているのですが、そうじゃなくて、堤義明の息子たちのことである。本来西武グループを継いでいくはずだった息子たちの話。
 なにしろ西武グループというのは堤家の持ちものなのであって、今後の西武グループは当然彼の息子たちによって引き継がれるであろうと、少なくとも僕は予想していた。が、よくよく考えたらいままで、彼ら息子たちの話がメディアに出てきたことがほとんどない。少なくとも僕が知るかぎりにおいては、ずぇんずぇんない。これはいったいどうしたことなのかと思って。

 堤義明は現在70歳。子どもは3人いる。仮にいちばん上の子が30の時の子どもだとして、いま40歳。40といえば結構いい歳だ。西武グループが知られているような「堤家の私有物」であることを考えれば、そろそろどっかの取締役ぐらいにはなっていても全然不思議はない。
 というか、堤のおっさんももういい歳なんだから、いい加減後継者問題が取り沙汰されないこと自体がおかしい。彼自身20代半ばで父親の康次郎氏からグループの全権を渡されているのだし、世代交代とまではいかなくても、すでに息子の誰かの名前が次期社長としてあちこちで聞かれはじめていてもいい頃合いである。なのにグループの経営を握っているのは堤とその数名の側近だけとのこと。ん? なぜ?こりゃどーなんじゃ?? よくわからんよ。

 なんでそんなことにぐだぐだこだわっているのかというと、堤の二男(たしか)と高校が一緒だったから。べつに同級生だったわけではなくて、彼の方が僕より1コ下だったのだが、学生時代僕はずーっとスキーをやっていたし、その二男(下の名前は知らん)もやっていたので、たった1回だけだったが彼の顔を見たことがある。すでに入学したときから「あの堤義明の息子がいるらしい」というウワサは聞いていたから、彼の存在そのものは知っていたのだけれど、じかに顔を見たのはそれから1年ぐらい経ってからの話だった。
 僕が彼の顔を認識したのはやはりスキー場だった。ゴーグル越しだったからばっちし見たというのではなかったが、でも見た瞬間に一発で彼だとわかった。だってお父さんにそっくりなんだもん。「うわぁ、よく似てるなあ」というのが最初の印象だった。もちろんこれはいかなる意味あいにおいてもほめ言葉とはならない。ならないよね? 僕だっていくら金持ちになれたとしても、あの顔に生まれ変わるのはゴメンだ。ろくでもない負け惜しみじゃなくて、芯からそう思う。孫正義と堤義明のどっちをとるかと聞かれたら……まあそれはあれだけど。

 さすが堤家の息子だけあって、スキーの腕は巻いていた。元からの素質もあったのだろう。学校主催のスキー教室では個々の滑走日数を記入する欄があったのだが(もちろんこれを元に大まかな班分けをするのだ)、僕を含むほぼすべてがひと桁、もしくはふた桁でも50日以内なのに対し、彼はひとりだけ桁が違った。百数十日。細かい数字は忘れた。でもとにかく3桁の日数を記入しているのは彼ひとりだけだったのでそれはそれはすごく目立ったし、このことはいまでも僕の記憶に残っている。高校生で百数十日だよ。地ガキじゃないんだよ。どうやってそんな日数滑るんだ?

 おそらく答えは、苗場かなんかの別荘に泊り込んでガンガン滑り倒していたんだと思う。彼は部活はスキーではなくてアイスホッケー部を選んだのだが、そこでも彼がひとりいるおかげで東伏見のアイスアリーナがかなり自由に使えたという話だったから、西武グループ内ではかなり融通や自由が利いたのだろう。よく知らないけど、東伏見のアリーナを高校の部活の練習ごときで使えるなんてたぶんそんなにないんじゃないだろうか。実業団のチームだってどれだけ使えたものかかなり怪しいと思う。まあさすがに朝黒塗りの車で送り迎えをされているなんていう話はちらとも聞かなかったし、それ以外の目立った話も特に聞かなかったから、ひとりの生徒としてはごくふつうにまっとうに生活してたんじゃないかと推測する。とはいえ、二宮の自宅から毎日電車でチマチマと通ってたなんてこともないと思うけれどね、さすがに(でも名簿の住所は二宮になっていたような気が……うっすらと。ううむ)。

 あれから彼はどうしたんだろうと、この事件が起きてから考えた。歳にして29ぐらいだからそろそろいいポジションだったのかも。そのわりにはほかのきょうだい同様、名前を聞くことはなかったのだけれど。まーこんなのはべつにどうでもいいようなことだけれど、なまじ一瞬の面識があっただけに妙に気になってしまう。つーか彼、やっぱりいまでもお父さんに顔がそっくりなのかなあ? それってどんな気持ちがするもんなんだろう?? 実はそれがいちばん気になることだったりするのですが、ね。ははは。

|

« 61.あいのり | トップページ | 一人のび太 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/3189351

この記事へのトラックバック一覧です: 62.堤家はどーなる??:

« 61.あいのり | トップページ | 一人のび太 »