« 【香港的小旅行記 第8回】 | トップページ | カーナビ導入 »

2005/04/28

「シアワセな雑誌」

……というのは僕がいま勝手につけたコピーだが、
なんかそんな感じの雑誌です。「アルネ」。
大橋歩さんがほぼ一人で企画して編集して発行しているらしい。
ちいさくてほのぼのしてるんだ。なんかそこが好きさ。

表紙の写真がすごく良くって、「このカメラマンは誰だろう?」と思ったら
どこにもクレジットがない。どうやら大橋さんが自分で撮ってるらしい。
いいよ、この写真。ほんとうにシアワセな感じなんだよ。伝わってくるんだ。
造本にもこだわってるし。きっとセンスもいいんだね。


arne10

(↑「アルネ」10号 村上春樹お宅訪問載ってます。HPはこちら↓)
http://www.iog.co.jp/arne.html


大橋さんの本業はイラストレーター。
けど銅版画をやったりエッセイも書いてる。
最初にこの人のことを知ったのは『村上ラヂオ』の挿絵ででした。
で、その縁か、アルネの10号では村上春樹の自宅におじゃまして
仕事場の写真をいっぱい載せてたりする。す、すごい……。
村上春樹ってメディアには年に1回ぐらいしか出ないし、
まして彼のプライベートなんてものはまず表に出ない。
こんなのが出たのはこれが初めてなんじゃないだろうか?
もうつい買ってしまいましたってばよ。


murakami-radio

(↑このブログタイトルの由来っぽい一冊。うぅ、ベタだ。)


こういう手づくり風味の雑誌が書店に並んでるっていうのも嬉しい。
個人で作る同人誌的なものって仲間内で小さくまとまる傾向があるけど、
僕は好みの問題としてそういうのが好きじゃない。そんなの発展性がない。
敷居は低く、門戸は広く。だってそうじゃなきゃつまんないでしょ。

やっぱあれだ、根本的にメジャー志向のヒトなんだな、俺は。
これはここ1年ぐらいで確信するようになったとです。はい。

|

« 【香港的小旅行記 第8回】 | トップページ | カーナビ導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/3898958

この記事へのトラックバック一覧です: 「シアワセな雑誌」:

« 【香港的小旅行記 第8回】 | トップページ | カーナビ導入 »