« Lose Yourself | トップページ | おでんくん »

2005/12/29

90.たまには音楽の話でもしようか

 たまには音楽の話でもしようかと思いつつ、いつのまにか年も押し迫ってしまいました。早いなあ、もう今年の「アルバム・ベスト10」なんぞを発表せないけない時期になってしまったのですね(だれも発表せよとは言っとらん)。
 というわけで、思いつくかぎり書いてみようと思います。今年のアルバム・トップ10。

 ……とは言ったものの、実はそんなに聴いてないんですよね、今年は。
 音楽そのものはもちろん例年どおり聴きまくってるんだけど、新譜を聴いたのかというと、それが……。買ったのかというと、全然……。そう、今年CDにかけたお金はだいたい3千円ぐらいでしょうか。ってそれアルバム1枚分やん! 輸入版でも2枚分やん! アルバム・ベスト10なんてもってのほか!! つーか無理っっ!! と、自分でも思う。けどそれはそれ、これはこれである。ちゃんと聴くものは聴いてますから……。

 もちろんこの原因はCD&DVDのコピー全盛(自分的に)も大いにあるんだけど、それ以上にでかかったのが、何よりもi-Pod miniの導入。ポータブルのCDプレーヤーというものを使わなくなってしまったので、CD不要なんですね。聴いてるのは車の中ぐらいのもん。あとはぜーんぶハードディスクに収めて持ち歩き。いやあ、便利やわあ。
 新譜も発売と同時に(ときには発売よりも前に)ネットでリークだからCDいらないし……。ネットでダウンロードしてハードディスクにため込んで、ハードディスクからi-Podという流れなので、ああ、やぱしCDいらない。なんてこった……。最近は落とした音源CDに焼くことすらしてないし……。前にも一度書いたけど、ハードの変化というのはここまで音楽の聴き方を変えてしまうのですねぇ。時代の変化って怖いですよ。音楽の聴き方がアルバム単位ではなくて曲単位になってきてますもん。そのうち「今年のアルバム・ベスト10」みたいな企画もすたれていってしまうのかもしれない。そう、だからいまのうちに、できるうちにやっておくのです。

 で、たいして聴いてないわりに2005年のアルバム・トップ10。

 1.YUKI  「Joy」
 2.Jack Johnson 「In Between Dreams」
 3.Bon Jovi 「Have A Nice Day」
 4.Stereophonics 「Language, Sex, Violence and Other?」
 5.Nickelback 「All The Right Reasons」
 6.Sheryl Crow 「Wildflower」
 7.Weezer 「Make Believe」
 8.Madonna 「Confessions On A Dancefloor」
 9.New Order 「Waiting For The Siren’s Call」
10.Mariah Carey 「Emancipation Of Mimi」


yuki-joy
(YUKI 「JOY」)

 今年の1位は年末滑り込みで入ってきたYUKIです。リリース自体は春ですが、聴いたのはごく最近。全体の完成度はやや「?」もつかなくはないのですが、あまりにもすばらしい曲が入りすぎていたのでこの順位。ヤバイ、マジで。
 2位ジャック・ジョンソンはもう言うまでもなく。とてもよかったです。
 3位はボン・ジョヴィ。彼らのレコードはここ10年くらい、何かが消化不良というか、ほとんど聴き返さないアルバムばかりが続いたのですが(「Crush」はやや別)、なにしろ今回は曲が粒揃いで……。アルバムとしてのトータルの完成度は過去最高の出来だと思われます。これでライヴが良ければなぁ……見に行くんだけど。東京ドーム??

jackjohnson
(Jack Johnson 「InBetween Dreams」)

haveaniceday
(Bon Jovi 「Have A Nice Day」)

 4位ステフォニは前作に劣らず良かった。ニッケルバックは今回ヒット曲にこそ出ていないものの、粒の揃い方はやはり今まででベストのような。基本的にこういう土臭いアメリカン・ロックって好きなんです。ワンパターンっちゃあワンパターンなんだけど、USものはUKみたく閉じていないんで、個人的にはこっちのほうが好みです。なんとなく開けてるような感じがするんだよな。
 同じくアーシーな感じのシェリル・クロウはもう予想を遥かに超えていてちょっと驚き。前のアルバムがどこか迷いというか、中途半端さを感じさせたのに対して、「いったいなんなんだこの吹っ切れようは!」と。ベスト盤なんか出されてレコード会社からは見放された&終わった感がありましたが、これはすごいよマジで。コマーシャルな意識がどっかにすっ飛んでいます。過去の売れ売れ時期の呪縛からようやく解き放たれたというのか。
 Weezerも前作「マラドロワ」がどーもイマイチであんまり期待してなかっただけに、力強く、しかしきっちりWeezerしてたのがよかった。

lsvo
(Stereophonics 「Language, Sex, Violence, Other?」)

alltherightreasons
(Nickelback 「All The Right Reasons」)

 8位はマドンナ。もう長いこと彼女の信者なのでアルバムが出れば自動で買います。買う。買う。義務義務義務。でも今年いちばん聴いたのは前作「American Life」に入っていた“Mother And Father”。歌詞がすごい。元々彼女の告白調の歌がどうしようもなく好きなのですが、この曲は過去のベスト3いったな。こんな詞を書いて、歌って、しかもライヴでもやるんだ……。すげぇ、神です。聴いててマジで泣きそうになる。
 ニュー・オーダーは正直前作(「Get Ready」)のほうが好きだったんだけど、今回も良かったので。しかし車のCMで流れたときにはビックリしたぞ。ニュー・オーダーとCM? いや、思いつかないって。
 最後はマライア。「復活」の二文字がふさわしい見事なアルバムです。彼女のどっか勘違いしたセレブ気取りは相変わらずみたいですが……。

 それ以外ではOzzy Osbourneの「Under Cover」、Oasis 「Don’t Believe In The Truth」、Jason Mraz 「Mr. A-Z」、Dream Theater 「Octavarium」、Coldplay 「X&Y」なんかが良かったですが、あー?? コールドプレイは前評判高かったわりに聴きこんでないなあ。こういうアルバムは良いのかわるいのか。うーん、謎。

 ちなみにここ5年のアルバム・ベストはこんな感じ。
 ジャンルは結構バラバラですねぇ……。

 (2000)
 1.矢野顕子 「Home Girl Journey」
 2.Radiohead 「Kid A」
 3.U2 「All That You Can’t Leave Behind」

homegirljourney

 (2001)
 1.Paul McCartney 「Driving Rain」
 2.Me First and The Gimme Gimmes 「Blow In The Wind」
 3.Weezer 「Green Album」

drivingrain

 (2002)
 1.Red Hot Chili Peppers 「By The Way」
 2.スピッツ 「三日月ロック」
 3.UA 「泥棒」

bytheway

 (2003)
 1.椎名林檎 「加爾基精液栗ノ花」
 2.Radiohead 「Hail To The Thief」
 3.Linkin Park 「Meteora」

karuki

 (2004)
 1.Green Day 「American Idiot」
 2.R.E.M. 「Around The Sun」
 3.SUM 41 「Chuck」

americanidiot

|

« Lose Yourself | トップページ | おでんくん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/7896737

この記事へのトラックバック一覧です: 90.たまには音楽の話でもしようか:

» 2005年ベストアルバム( jkai 編 ) [3SIDES トゥ MUSIC]
けっこうこのようなblogおよびサイトでは恒例だと思うけど 今年のベストアルバム! いってみましょー。 順位をつけたいところだけど、ちょっとそれはムリかな。 というわけで10枚だとダレルので5枚にしぼってみました。 軽くコメントつきでいってみよ! Have A Nice Day / Bon Jovi とにかくHR界をひっぱっている人達のやることはやっぱちがう。 オールドファンの賛否両論?あるような気もするけど タイトルチューン聴いただけでワクワクしたのは事実... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 12:40

» 豪華PVやボン・ジョヴィ他ライブ番組が鑑賞できます [ポップスロック名曲名盤試聴]
ボン・ジョヴィ他のすばらしいライブについてです [続きを読む]

受信: 2006/01/06 21:47

« Lose Yourself | トップページ | おでんくん »