« もーアディダスさんてば…… | トップページ | 早くも »

2006/01/20

91.給食!!

小学校を訪問です。ひさしぶりに。20年振りに。

地元の文化センターみたいなとこの主催で
演劇のワークショップの出張公演を小学校でやるのですが、
それとアシスタントっつーことで行ってきました、小学校。
おとつい(水曜日)の話ですけれど。

なんか不思議な感じだったなー。
学校の建物に入ること自体19年ぶりだったし、
だいいち今これぐらい歳の子たちと触れ合える機会なんてないからね。
小学生どころか、中高生もなければ大学生ともない。
なんだかすんげー新鮮でした。
実はこういう出会いに飢えていたのかもしれません。
日ごろ同じような人たちとばかり接していると痩せてきてしまうものね、自分自身。
(体重の話ではなひ。念のため(泣)……)

密かに楽しみにしていたのが給食を食べること。まさに20年振り。
中学も高校も給食というものががなかったので、これはすんげー楽しみでした。
牛乳がタカナシのテトラパックでなかったのには若干驚きましたが、
今でも先割れスプーンはあるみたいだし、
味付けは薄いけれど美味かったです、給食。

ワークショップのほうは何やるのか本番まで知らなかったんだけど
(知ったからとてどーなるものでもない。それもこいつの面白いところ)、
特に3年生の子たちとは仲良くなれたし、給食も一緒に食べた。
メシ食いながら、血液型とか歳とか乳歯が抜けてることとかいろいろ喋った。
どうやらウマが合ってしまったらしい。時間が全然足りなかった。
こっちも彼らに会えて新鮮だったけれど、
あの子たちもいつもとは違う「大人」(らしい)に出会えて物珍しかったみたい。
非日常って大切です。そういうとこから人は滋養とエネルギーをもらうわけだから。

ほかに新鮮だったことは、
「小学校の机やイスって小さいのねー、こんなに小さかったのかー!」とか、
「小学生の給食の量ってこんなに少ないのか。大人にゃ足りないじゃん」とか
(子どものからだは小さいんだから量が少なくてあたりまえ)、
「不審者」対策にはすごくナーバスになってることとか
(教員を含む大人の関係者はみなネームプレートを首から提げてる)、
「学校の教室ってこんなに狭いのね」とか、
「小学生のテンションって異様に高い……しかも声高すぎ」とか、
「3年生と5年生では結構雰囲気が違うものなのね……」とか、ああもういろいろ。

5年生はそうでもなかったけど、
3年生にはなぜか妙になつかれてモテモテでした。ははは。
でもうれしいもんですよ。マジで楽しかったし。
「ねえ給食一緒に食べようよー!」とか言われりゃ悪い気はしないって、絶対。

唯一ショックだったのは給食のときに年齢の話をしていて、
「ねえ何歳ー??」
「いくつに見える?」
「んーとね、29歳」
「ほかには?」
「30」「28」「27」「31」「27ー!」
「ほー」(←若く見られてちょっとうれしい)
「ねえほんとは何歳ー?」
「31だよ」
「あ、俺あたりだー!」
「すごいじゃん、正解じゃん」
「31? あー! うちのお母さんと同い年ー!!!」

(がーーん……) _| ̄|○ 

加齢とはげにまことに残酷なものです。
もうこれぐらいの歳の子がいてもおかしくない年齢だったとは……。
でも楽しかったです。
あと1回、また同じクラスに行ってきます。今度の月曜日。
たのしみだー。

|

« もーアディダスさんてば…… | トップページ | 早くも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/8242235

この記事へのトラックバック一覧です: 91.給食!!:

« もーアディダスさんてば…… | トップページ | 早くも »