« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/26

孤絶のスプートニク

『スプートニクの恋人』を再読。
村上春樹の小説の中でもこれはあまり好きではない方の
部類に入るのですが、突如として読み返したくなりました。
この小説を読み返すのはこれで2回目。


『スプートニク』については、
これがいささか実験的な要素を持つ中編小説だということもあって、
ファンの中でもあまり評判は芳しくないようですが、
それを特に顕著にしているのが最後の2章だと思われます。
簡単に言うと、最後の2章はいらないのではないか、
なぜあんなものがくっついているのか。
そして最後にすみれが戻ってきたのは事実なのか、夢なのか。
その辺の論議の問題だと思う。


sputnik-s


今回どうしても読みたくなってしまったのは
その最後の2章の中でも、より「いらない」とされる
15章(最後から二番目)でした。「にんじん」君が出てくる章です。
明らかに全体の流れから逸脱している部分。


きっとやや「問題のある」小学生が出てきて、
それに教員である主人公が熱心につきあい寄り添っていく
という部分が自分を惹きつけたのではないかと。
べつに生徒の母親と×××(好きな言葉を入れてね)ってことではなしに。


こないだ行った学校のクラスで
始業前に生徒どうしのトラブルがあって、
そのうちの片方の子が泣いてじっとうずくまったまま
授業に参加しないという出来事がありました。
75分の連続授業のあいだ、
彼はずっと教室の端っこにうずくまったまんま。
まだ若くて経験の浅い担任の先生(男・25歳ぐらい?)は
ほぼつきっきりでその子のそばについて
慰めたり一緒に授業に入るよう説得したりを繰り返していました。
それでもその子のからだは千歳の岩のように硬く動きませんでした。
きっと彼には彼なりのプライドがあったのでしょう。


最終的にその子は(いつのまにか)顔を上げて
クラスの通し演劇を眺めてあれこれコメントを述べるまでになったのですが、
家に帰ってからも小学校の先生というものについて考えてしまって。
ずーっと子どもと触れ合っているという点では楽しそう、
でもあまりにも密着しているという点では明らかに大変。
子どもとの程よい距離、家族との程よい距離。
我々のような臨時ボランティアだからこそ見えるもの。
密着したクラス担任だからこそ見えないもの。そしてその逆。
そんなことについてあれこれ思い悩んでしまいました。


最初はその部分「にんじん」の章だけつまみ食いで読もうと思ったのですが、
結局いつものとおり全編つき通しで読んでしまうはめになり……。
すみれのような人について、
あるいはすでに失ってしまった(失いつつある?)人たちのことについて。
本当に大切なもの、自分から離れていく人たち。
そして変わることのない「せつなさ」の問題について。


深いねこの小説。案外。
まあ読み方ひとつによるのですが、
意外にこの小説は自分にとって大きいものなんだなあと
いうことを初めて認識しました。いやー、実に意外よ。
交わることのない孤独な人工衛星のモチーフは
昔から大好きではあったのですけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

それでも結果こそがすべて

いろんな考え方があることは承知しています。
尊重もしています。というか、尊重したい。
でもやはり自分としては結果こそがすべてなのです。

ここ数年、頑なに思い続けていることがあります。

「点の取れないFWに存在価値などない」

まあ実際、いつになってもゴールに繋がらないんですが。
今日も散々シュート外したし。
あ、こんな話は守りの時間にすることじゃないか。
ないよね。たしかに。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶賛生き惑い中

生き惑っています。
どうも、やはりそういうことのようです。
「これから先これでいいのか」とか、
「本当にこれでよかったのか」とか、なんかいろいろ。


ここ毎日小学校にボランティアに行っているわけですが、
やはりこういう活動をしているのには
目新しい、新鮮な驚きや出会いを求めていること、
現状に対して言いようのない不満と不全感を抱いていること
などがあるのだと思います。
新しいトビラを開きたい、でもまだ十全にはその準備が整っていない
という現況に対するジレンマなども。


小学校は楽しいですよー。
でもその中で
「本当にこれでいいのか?」
「求めているのは本当にこれなのか?」
「実はもっと別のものが欲しいんじゃないのか?」
というギモンに対するヒントをも垣間見てしまったようです。
ああ、垣間見てしまったかもしれない。
昔から根本的に自分が惹かれ求めるもの、好きなもの。
そんなものに約20年の歳月を経て、
小学校という昔懐かしい場所に立ち戻って対峙しかかっている感があります。
それは最近の自分の好みの変化への直接的な回答にも繋がる。
だとすると、いま手放しかけているものは本当に「正しきもの」と言えるのかどうか。
手放すべきなのか、固執するべきなのか。
それを軸にものごとを考えてよいのか否か。
そもそも自分の力でどうなるものでもないし。でも自分の気持ちは信じたいし。
少なくとも間違っているとは思いたくない。


自分の将来のことも含め、
いろんなことが混線して混乱して訳わかんなくなっています。
それを整理するいとまもなく、今はただ日々の仕事(というか)
をやっつけているだけの毎日です。本当にこれで大丈夫なのか。
この先これは崩れてしまうのか。


今は耐える時期です。向かい風。守勢の時間。
今月後半から突如として風向きが変わりました。
いろんなものがこれを機会に「露になりつつある」と言っていいかもしれません。
とにかく今はじっと守る時間帯。意識を切らさず、
ただひたすら亀のようにゴール前を守り固める。吹雪をやり過ごす。
きちんと守りきることができれば、
そのあとには必ずまた追い風の時期が来るでしょう。
今できるのはただそれだけしかありません。
ただそれだけ。それだけ。それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

モテモテのボケボケ。

壊れてます。たぶん忙しいのが原因だと思われます。
仕事にボランティアに水泳にほか何たらに時間をとられすぎて
だんだん訳わかんなくなってきました。ああ、頭イタイ。
睡眠時間も足りてないし、風呂もまともに入れないし
(いや、今日ようやくじっくり入れたけど)。
ひっそりシャンプー&リンスを持ち込んで、
プールのシャワーで頭洗って済ませてる自分ってどうなのよ。
人としてどうかと思う。そりゃ人間壊れもするわいなって。


TUTAYAの延滞料金1280円取られました。
てっきり水曜に返せばいいもんだとばっかり思ってて。
半額クーポン使った意味どこにもないじゃん。まさに大ボケ。


コンビニで「605円です」と言われてるのに
510円出してる自分ってどうなのよ。
気づけよ俺。100円足んねーってばよ。


プールの前にモスバーガー食いすぎました。
腹苦しくて今日は距離とスタミナ伸びなかった。
850(メートル)が限界です。つまり17往復。
おとついの1300には遠く及びません。
まーこれだけ泳げてりゃじゅうぶんなのかもしれませんが。
今日も平泳ぎの水着見て溺れそうになったし(キレイだったなぁ……)。
嗚呼、もう1回死ね俺。


しかしてこれだけ精神が壊れていても、
なぜか小学生にはモテモテです。
自分がこんなに子どもにウケるキャラだとは正直意外でした。
今日一日でいったい何人の子をおんぶして抱っこして肩車したことやら。
だから行列をつくるな行列を。順番待つな。
でも嬉しいもんです。小学校のボランティアすっげー楽しい。
いまはひたすら子どもに癒されてます、はい。
子どもは軽いから逆さま抱っことかお姫様抱っこが簡単なんよね。
「小学2年生にモテモテの自分てのも一体どうなんかなー?」
とは激しく思いますが(小学2年をお姫様抱っこしてどーすんだ)。
嗚呼、これならもうマジで光源氏計画発動しよっかなー。


くそ、ふらふらのよれよれ。今日は寝るぞ。
こんなアホブログ書いてる場合じゃない。
小学校の朝は早いのだ。でも楽しみ。
2年生と目いっぱい遊んでくるぞ。押忍!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

水着フェチ再び

いやー、しかしあれですね。
どれだけ気分が低調でも生来の水着フェチだけは治らないんですね。
今日もプールでまじまじと眺めてしまった。
いやあ、やっぱ水着はいいよ。だってやらしいもん。ほんっとにやらしい。
大好きです水着。「水着LOVE!!!」みたいな勢い(もちろん女子の)。


特にラインのきれいな人の水着はね、そりゃ格別です。
そしてどういうわけかまた、
今日のプールはそんな人が3人も4人もいたもんだから、
目のやり場に……というか、どこを見たらいいのか迷ってしまうくらいでした。
うん、今日はなかなかええ1日じゃったわい。


水中の水着がとりわけ……というのはいつだかも書いたことだけど、
やっぱクロールよりも平泳ぎだな。波が立たないしよく見えるし(何が?)。
今日も目の前にあるそれに意識を集中しすぎて1回溺れかけました。
「バカは死ななきゃ治らない」。うむ、たしかに。
でもよかったなあ。


話はプールに限らないんだけど、
たまに海でサーフィンのウエットスーツの股間に
ワレメがくっきり……ってなことってありません??
俺あれ大好きなんだー。たまんなく好きだね。
あの、わたしアタマおかしいんでしょうか??
オカモトはもう最近深刻に壊れているので、
人にどう思われようとどうでもよくなってきました。
「好きなものは好きなんじゃっ!!」みたいな感じで。


あー、やっぱほんとに壊れちゃったんでしょうかねー?
まーいいやー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイミング1300

夕方までの仕事のあと、また泳いできました。
距離にして1300(メートル)。
こないだが600だったので、
「とりあえず同じくらい」と思って始めたのですが、
やってるうちにだんだん欲が出てきて600が800になり、
1000になり、1100,1200……。
意外とできてしまうもんです。まだターンはできないんだけど、
25のレーンをいったい何往復したものやら。


泳いでるあいだは考えなくていいからラクなんですよ。
からだの動かし方だけ意識してればいいし、
余計なことは一切考えなくて済む。
運動というのはウサ晴らしにはもってこいです。
まさかここまで泳げちゃうとは思わなかったけどね。
ま、それだけいろんなものがむしゃくしゃしてたってことなんでしょうけど。


でもまだスピードが遅いんですよ。のーろいの。
後ろから泳いできた人に、もう軽々抜かれちゃう。
きっとロスしてる力がまだたっくさんあるんでしょうね。
後ろから来た人に抜かれればそりゃあムカつきます。
けどこっちは初心者なのでしょうがない。そういうわけで
「おまえらいまに見てろよ。そのうち全員ブチ抜いてやるからな」
などと心に固く固く誓うのでした。
ま、こうやってスノボも上達したもんね。


明日も会議あとに泳いできまーす。
ちくしょう、ムカつくぜー。
バカーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

低調

ここ数日、気分が低調です。
がっかりして落胆して、何をする気力も起きません。
時間はできましたが何に取りかかることもなく。
ただただぼおーっと寝て過ごす日々です。
今年に入って最悪の気分/精神状態。
とりあえず薬の量は増えてます。

自分ではどうすることもできないものだけに、
ただひたすら時間の経過とことの成り行きを見守るしかできません。
生きてくって思いどおりになならないものですね。
当たり前だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

CD→HDD

以前から進めていた作業がようやく終わりました。
持っているすべてのCD音源をハードディスクにぶち込むという作業です。
それにしてもあー長かった。なにしろ持っているCDの量が量なものだから。
ホント、「ようやく終わったなあ」という感じです。
ちなみに増設した外付けのHDDの容量は300GB。結構ある。

でもmp3にして55GBというのはそれほど多くはないのかもしれません。
でも約1万曲というとかなり多いような気もする。どっちなんだろう?

この作業、持っている音をi-Pod用にすべてデータにして
まとめてしまいたいというのもありましたが、
それ以上に僕は物をたくさん持っているという状態がキライで。
身のまわりに物がたくさんある状態ってすっごいイライラするんです。
もうわけわかんない。本も服もCDも何もかもが多すぎる。
さっさと捨てたいんだけど、何を捨てたらいいのかわからないから
ちーとも作業が進まないという感じでした。

これでCDを大方まとめたことで、当面聴かないようなものは
全部段ボール箱に入れてほかしておくことができます。
とりあえず聴きそうなものだけ手元に置いておくという
CD音源クリーンアップ大作戦です。

これでひと段落。
次は雑誌の整理にかかろうかと思います。
幸い?今日(月曜)はぽっかり予定があいてしまって。
丸1日休みというのは最近あまりないので、
こういう時間は貴重に効率的に使いたいなあと思います。
さて、そんなにうまくことが運びますかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表参道ヒルズ

に行ってきました。もろ話題のスポットって感じですが。
まーどうせ渋谷行く予定だったし、
ちょうどいっかなーなんて感じで。きのう(日曜日)の話です。

半ば予想されたことではありましたが、
激混み1時間待ちであっさり断念して帰ってきました。
なんでも前日土曜にアド街ック天国で取り上げられてたらしくて。
それほど見たいお店があったわけでもないし、高級店ばかりだし、
さっさとあきらめて近所のお店をたらふく覗いて帰ってきました。
ま、ここに行くのはまた今度でいいもんね。


omotesandouhills01
(表参道ヒルズ入り口のところ。結構混み混みでした)


omotesandouhills02
(近くの歩道橋の上から。行列が見えるかな?)


その近所のお店。
garcia marquez gauche は良い!!
自分が着れるわけではありませんが、
自分的「女の子に着せたいブランドランキング」の3位に滑り込んできました。
(ちなみに1位はツモリチサトで2位はmousy)
生地もデザインも良くてかわいいですね。
値段もそれなりですが、気に入れば決して高くはない設定かと。
平山あやが好んで着ているのをファッション誌上で見て知っていたのですが、
実物を見るのは初めてでした。うーむ、良い。

あとヒルズの裏手にある何とかいう(名前忘れた)セレクトショップも◎。
僕の好きな西海岸系ちょっとワル風味のブツがいくつか並んでて満足でした。
Tシャツ1個買っちゃった。

あと表参道のバッグのお店でLe Sportsacというのも。
レディースなので自分には関係なしですが、
ここのもかわいくて良し。

あとこないだから気になっていた「1921」や、
「Tavanity So」のデニム(レディースだけだったけど)も見れたのは収穫かな。

夜は寒いし歩きすぎて足は痛いしで結構大変でしたが、
なかなか楽しかったです。
あの近辺はいつ行っても発見があって楽しいですね。
そんな1日でした。ま、たまにはこういう日がなきゃあ。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

整理日

今日は整理日でした。
片づけものをして、掃除洗濯取り込み畳み料理洗い物
ゴミ捨て昼寝および雑誌の整理その他もろもろ。
たまにこういう日を作らないといけません。
1日立ち止まって身のまわりのいろんなことを整理する。
そういうのがないともう生活がしっちゃかめっちゃかになってしまって。
というわけで、急遽勝手に本日は整理日ということにしました。
生理日ではありません、一応念のため。当たり前ですが。
当初見に行く予定だった能と狂言の発表会は結局見に行かず。
ごめん、そこまで手がまわらなかった。気持ちも。
うわ、これから弁当作らねばー。風呂入らねばー。うがー。

あ、携帯はすんなり直りました。良かった。
これないといま結構困るからね。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

携帯壊れた。

壊れてしまった模様です。
道の上に落っことしたらあーら不思議。
画面がつかない。動かない。うんともすんとも反応しない。
電源落としてリセットを試みるも見事に反応なし。
充電さえ受け付けてくれず、もはやどうしようもない。

明日ボーダフォンショップに持ってくつもりです。
直るかなあ? 修理に長期間かかるとか、
修理代が高くつくとか、機種変を迫られるとか、
あとはデータが全消去なんてのもヒジョーに困る。
まあそうならないといいんですけど……。

ないと不便ですね、携帯って。
自分の何かが失われてしまったような、
そんな不安定な気分になります。
あーもー、実際困るんだよなー。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

初福岡!

福岡に行ってきました。実は初めて。
僅か1泊でしたが楽しかったです。
「もう少し日にちに余裕があるといいのになぁ……」
と思いだすのは旅行の常ではありますが。

親父がフグを食おうと言い出しまして。
まー別にフグなんて興味ないんですが、
しかしそうそう滅多に食えるもんでもないし、
事実いままで一度もフグなんて食べたことないし、
しかもフグは今の時期がいちばん美味いとかで、
「ま、いっか」てな感じで。

フグは良かったです。「味が」っていうより、ひとつの経験として。
「あー、こんなものがあるんだなあ」みたいな実体験として。
こんなん自分でカネ出してまで食おうとは思わないですもん。
貴重な経験であったなあ。ま、フグよりひさしぶりに
従兄妹たちに会えたことのほうが楽しかったんですが。

行った日(月曜日)は昼過ぎに向こうに着いて、
大宰府天満宮で猫と遊んで、
夕方には天神まで戻ってビブレとか天神コアのあたりを
ぐるぐる遊んでました。福岡には丸井ってないのね。
ビブレとコアでだいたいその辺のお店をまかなってるという感じ。
あとは大丸と岩田屋と三越で大方のブランドが揃うという感じのようです。
あとはキャナルシティか。

翌日(火曜)は午前中にキャナルを見て午後イチの便で帰ってきました。
ここは「六本木ヒルズを10分の1にした感じ」
と言われていましたが、まあそんなとこなのかな。
お店の品揃え的には東京とは比較にはなりませんでしたが、
概観はこっちのほうがずっと楽しい。コムサのお店もたぶん日本一。
街のサイズもちょうどいい感じで(大きすぎず、小さすぎず)、
変にでかすぎないところがいい具合でした。
これで野球の時期ならドームでホークスの試合が見たかったんだけどなあ。
新垣が見たい新垣が。

7月には従兄が結婚するそうです。
というわけで夏にはまた。楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »