« 活字週間。 | トップページ | 93.ファッション誌Ⅲ:「モテ」について考える »

2006/03/19

空港

空港が好きです。
広くて開放的で、遠くへ旅立つどこか開けた雰囲気がたまらなく好き。
父がエアライン勤めのため、子どもの頃から飛行機に乗り慣れたり
親しみがあったりしたせいかもしれません。
空港にいるとどこかホッとした、自分の居場所であるような感じになります。
屋上のデッキに立ってただぼおっと離着陸する航空機の姿を眺めている
のも好き。空港の中を意味もなく探検するのはもっと好き。楽しいぞお、これ。
国内の空港では新千歳空港がいちばんの好みかな。
誘導灯の光を散りばめた夜の滑走路なんかたまらなく好きです。
夜の滑走路はやっぱり羽田がいちばん綺麗かな。
あと使ってない空港の敷地を目一杯使って
カート大会や野球大会をしてみたいなんて希望もあります。
広いってほんとにステキです。LOVEだね、LOVE。空港LOVE。


逆にチマチマした狭いところや、
人の来ない流れの澱んだところは苦手です。
息がつまりそうで苦しい。
閉所恐怖症というのでもないのですが、ともかく狭いところは苦手。
いくらアパレル好きでも、お店の狭い敷地の中にずーっと何時間も
いるのにはさすが耐えられそうもない。
「みんなよくあれに耐えられるなあ」と人ごとながら感心したりします。
俺なら気が狂っちゃうかもしれないな。


そう、空港の話だ。
空港は居るだけで好き。
先週も居ました。羽田から北海道、そして旭川から東京へ。
空港は朝から活気があります。大勢の職員が忙しく能動的に働いている。
その光景は見てて気持ちのいいものでもありますが、
しかし同時に何かが僕の心を苦しくする。
特に地上の女性職員の姿を見ているとなぜだか心が苦しくなります。
カウンターの向こうに立つ彼女たちの姿を目の前にすると、
「俺はこんなところでいったい何をやってるんだろう?」
という気持ちになる。いつもなる。
そして自分がひどく無価値で未成熟な人間であるように思える。
でも僕は彼女たちの姿から目をそらすことができない。
これはいったい何を意味するんだろう??


そこには何か重大なヒントが隠されているような気がします。
でもそれに気がつくのにはまだしばらくの時間を要することになりそうです。
いったい何なんだろうなあ? 楽しみでもあり、また恐ろしくもある。
そんな感じです。

|

« 活字週間。 | トップページ | 93.ファッション誌Ⅲ:「モテ」について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/9153640

この記事へのトラックバック一覧です: 空港:

« 活字週間。 | トップページ | 93.ファッション誌Ⅲ:「モテ」について考える »