« 「プランB」発動 | トップページ | スキニー・2 »

2006/11/25

沖縄料理飲み会

きのうはひさびさの飲み会。
ボランティア講座やNPOの仕事でお世話になっているお二人の
就職おめでとう会ということで、沖縄料理のお店で飲んできました。
ちょうど僕は沖縄帰り、
しかも現地ではろくろく郷土料理を食べられなかったので、
なんとタイムリーな企画なのでしょう!
喜び勇んで出かけましたとも!


今回就職おめでとうのお二人は大学4年と20代半ばということで、
僕より(ずっと)年下なんですね~。
自分ら(企画側)がNPOの職員なんぞやってるときに、
まわりの人たちは次々に正社員就職を決めてくわけで、
その点「ん~?」と思わなくもないのですが、
人にはそれぞれ時間の流れというものがあるからね。
それに正社員が必ずしも「素晴らしく賞賛されるべきゴール」
というわけでもないだろうし。その辺はあんま気にしてないです。


しかしなんだか、年齢の違う人たちと飲んで語らうのは面白いですね!
1週間の旅ではほとんど人と口をきかないような生活だったこともあって、
こういう「会話」というのは実に良いもんだなあと思いました。
食べれなかった沖縄料理がたらふく食べれたってこともあったけど、
うん、あたしゃ楽しかったですぜ。
こういう機会をもっと増やさないといけないなあ。
仕事とは無関係の部分で、こういう出会いや関係を大切にするのだ。
こんなつながりがあるなんて、なんて素敵なことなんでしょう。


就職祝いということもあって、
費用は全部こちら(ふたり)で奢ったんですけども、
こういう機会もないなあ(笑)。
いつも年上の人たちに奢られてばっかりだから。


でもね、年上のみなさんに奢ってもらった分は
何もその人たちに返さなくてもいいと思うんですよ。
それより、僕らが奢ってもらった分は、
自分より下の人たちに返していけばいいんじゃないかなって思う。


実際、恩を返したくても返せない人やもう会えない人、
一期一会の出会いでどこにいるのかもわからない人とかもたくさんいるから、
返したいと思っても返せなかったりするわけです
それに「出世払い」とか言ったって、
こっちはいつになったら「出世」できるのやら……(苦笑)。
だから上の人たちにはもらうばっかで返せないと思うんです。
ゆえにその分を下の人たちに返す。


下の人たちには
「うちらも上の人たちにはずいぶんお世話になったからさ。
だから今日の分はいずれ年かさになったときに
下の人たちに返してくれればいいよー」と言っています。
そうやって気持ちや行為が循環してけばいいのかな。
うん、そんなふうにして気持ちのバトンが繋がっていけばいいなあ。

|

« 「プランB」発動 | トップページ | スキニー・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/12840334

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄料理飲み会:

« 「プランB」発動 | トップページ | スキニー・2 »