« i-Pod 修理。 | トップページ | ダメ人間再び。 »

2006/12/28

考えて走る。

きのうはひさびさ(…でもないのだが)のフットサル。
といっても5人しか集まらず、
バスケットコートを3対2で2時間、5人で延々やってました。


最初は人数少ないなあと思ってたけど、どうしてどうして、
3対2でもじゅうぶんできるじゃないですか。
つか、4-4とかでやってる時より楽しかったかも。
人数が少ないので(特に2人組の時)考えて動かないといかんのですね。
これが楽しい。考えて走るサッカーですよ、まさに。


日本代表のイビツァ・オシムがいわゆる「10番」的ゲームメーカーを
(今のとこ)使わないでいるのもなんとなくわかった気がします。
あのね、いわゆる「10番」的上手い人がいると、
どうしてもその人に頼ってしまうのですよ。
とりあえず「10番」に預けて自分はその周りを衛星のように無責任に
走り回っていればいい、みたいに。甘えが出るんですな。
上手い人に頼って、自分でどうにか工夫しようという意識が薄くなってしまう。
何が起きても結局は「10番」まかせ、頼りっきりってやつです。


今日はたまたま、ボールキープしてパスを配給するタイプの人が
いなかったのですが、そのおかげで自分で仕掛けなければいけなくなった。
人数も2人とかでやってるし、
パスを出したらボサっとしてないで走らないといけない。
すると自然にドリブル突破やスルーパスといったことを考えるし、
またこれが意外に効くんだな。
こっちは必要に迫られてやってるだけなんだけど。


おかげで集中もしましたね。走ったし、集中したし、
自分がやらなければいけない仕事の絶対量も増えるから、
ずいぶんいろんなプレーに絡んだ。もちろんその分得点も増えた。
自分は技術がない分、走って動いてプレスをかける。
そういう泥臭いプレーが身上ですが(というか、それしかできない)、
そういうのを徹底すると意外と効くんだなあと感じました。
いわゆる汗かき役ってやつですね。


話を日本代表に戻した場合、
オシムのチームにはいわゆるファンタジスタタイプの選手がいなくて、
見ている観客の側にはいささか退屈だったりするわけですが
(「どうして小野や俊輔を呼ばないんだ?」とつい言いたくなってしまう)、
しかしいきなり中村や小野みたいな「上手い」選手が入ってしまうと、
まわりの「働き蜂」は彼らに頼ってしまうかもしれない。
「ひとつのチームにエクストラキッカーは3人まで」という法則を考えると、
それ以外のフィールド7人にも上手くなってもらわないといけない。
よく言われることですが、フィーゴやロナウドが10人いても
良いチームはできないわけですから。


だからまずは「エクストラキッカー」抜きでチーム作りを進める。
しかるのちに(必要があれば)中村みたいな選手を入れる。
実際に中村俊輔を呼ぶかどうかまではわかりませんが。
あ、そういやジェフにはいわゆる「10番」っていないよなあ。
じゃあ俊輔とかは呼ばないかもしれないな。どうなんだろ。


ま、当たってるかどうかはわからないけれど、
ちょうど『オシムの言葉』を読み終えた直後だったせいか、
そんなことを考えました。

しかしきのうはよう走ったな。
筋肉痛が明日出ないことを祈るのみです。あうううう。(>_<)


Osimnokotoba

|

« i-Pod 修理。 | トップページ | ダメ人間再び。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/13231931

この記事へのトラックバック一覧です: 考えて走る。:

« i-Pod 修理。 | トップページ | ダメ人間再び。 »