« ダメ人間再び。 | トップページ | 2007年の目標? »

2007/01/01

欠落を埋める作業

こないだのクリスマスの記事、
人によっては「ノロケ」と捉えられた方もいらっしゃるようです。
「なんだコイツはまたノロケやがって……」と。
そう捉えてもらったことを非難しているわけではまったくないのですが、
ちょっとそのことについて考えてみました。


たしかにノロケの部分はあります。実際ちょっとノロケてみたかったし。
でもね、あえてこういうクリスマスにクリスマス的なことをしたっていうのは、
自分の中では「欠落(あるいは空白)を埋める作業」という意識が強いんですね。
楽しい作業であると同時に、そこにはある種の悲しみがつきまとう。
やっぱり何のかのといっても、自分の人生に空白やら
ブランクやらがあるのは隠しようのないことなので……。
だから30いくつにもなってようやく、
かつて自分で掘った穴を少しずつ埋めている。そんな感じなのです。
そういう意味では、これってわりにせつない作業のような気がします。
埋めれば埋めるほどその存在の大きさを思い知らされる装置というか。
「まったく何やってんだかなあ」と自分で思わないことはない。


あの、ひきこもることの良し悪しは別にして、
やはり自分はいま負債を払ってるんだと思うんです。
ひきこもり時代につくってしまった負債を。
あるいはその遠因となった行ないの負債を。
そして今になって欠落の埋め戻し作業に追われている……
本当にそんな感じ。信じてもらえるかどうかはわからないけど。


渋谷から横浜へと走る大晦日の東横線の中で
ほかにもいろんなことを考えました。
それ以外にも抱えている自分の不全感のこと。欠落のこと。
行きたいところはあるのに、そこにたどり着くための橋が見つからないこと。
すぐ目の前にある理想の世界ともろに自分が隔てられていること。
大晦日の夜にひとりで渋谷をぶらついている自分のあれこれ。
現状に対する自分の不満。周囲との比較。これからの仕事。生活。
そして意気込んで出掛けた時に限って欲しい物が
見つからない買い物の不可思議……。


なんかあまりぱっとしない空白の中で年を越えてしまいました。
まあそれでも、欠落を埋める作業ができているだけマシなのかもしれません。
自らの欠落を埋めることなしに、あるいはその欠落を拡げるかたちで
自らの空白の底に身を投じてしまった人たちもいるのでしょうから。
こういうベタなクリスマスとやらを送れるだけ幸せなのかもしれません。
仮にそれがどれだけの悲しみを伴う装置であったとしても。

|

« ダメ人間再び。 | トップページ | 2007年の目標? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15236/13288130

この記事へのトラックバック一覧です: 欠落を埋める作業:

» berumezonn [ベルメゾン通販]
ベルメゾンのショッピングサイトの紹介 [続きを読む]

受信: 2007/01/01 05:54

« ダメ人間再び。 | トップページ | 2007年の目標? »