« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年6月

2009/06/21

「つながり」の再確認

20日は座間市で行われている、ひきこもり連続セミナーの第2回。
愛知県立大学の長谷川俊雄さんと対談をさせてもらいました。

今回の企画は「長谷川さんと岡本で好き勝手に話そう」というひどく乱暴な思いつきだったのですが、いざ日にちが近づいてみると、自分の中で何を話したらいいのかいまいち浮かばない。そこで困って15人ぐらいの人に「長谷川さんと岡本で対談やるんだけど、どんなこと話してほしい?/聴いてみたい?」というメールを送ってみました。もうこれはみなさんのアイデアをもらうよりほか仕方がないと思ったわけです。

そしたらありがたいですね。ほとんどの方が返事を送ってくれました。中にはもう何年もお会いしていない方もいたのですが、それでも返事をくれる。みなさんが寄せてくれたアイデア以上に、こっちの方が僕は嬉しかったです。

思えばここ数年、仕事が忙しいのを楯に、人とのつながりをおろそかにしてきました。メールするのが何となく億劫だからと連絡を取らない。ブランクが空けば空くほど気まずさは増して余計に連絡が取りづらくなる。そんな繰り返しをここ数年送っていたように感じます。たしかに実際仕事は忙しかったのですが、でも連絡は取ろうと思えば取れたんですよ。自分がそれを望まなかっただけで。

不思議なことは起こるし、そして続く。
きのうのセミナーが終わったあと、夕方にもう何年も会っていない友人から着信が入っていました。何だろうと思って折り返してみると、「21日のマリノス-レッズ戦のチケットが手に入ったんだけど要りませんか?」という要件でした。折りも折り、21日の浦和戦は自分で観に行こうと思っていたので(そしてチケットはまだ買っていなかった)、ありがたくチケットを頂くことにしました。なんという僥倖でしょう。
彼女は2年前に日産の販売店に就職したのですが、そういえばその時「マリノスのチケットあったら譲ってよ」と言っていたのでした。彼女はそれを憶えていてくれたんですね。最後に彼女に会った/連絡を取ったのは就職前のお祝いの時だったから、それからもう2年半近くなります。久方ぶりに電話とメールを往復して、夜にチケット(4枚!)を受け取ることにしました。

さて、ではこのサッカーの試合、誰と観に行くか? 迷わず一人に電話して、結果、あと3人が見つかりました。その中にはしばらく会ってない2人も入っています。「つながり」って繋がる時は繋がるもんですね。バルセロナのボール回しのようだ。

夜になって戸塚駅の近くまでクルマでGO。初めて通る道を走りながら約束の場所に出ると、おやおやそこは元同僚の家の近くじゃああーりませんか。試しに電話してみたら、今は横浜のスタバにいるとのこと。入れ違いで会うことはできませんでしたが、でもこういう機会がなかったら電話なんかしなかったよなあ。つながりがつながりを呼んで、そこに偶然が生まれる。今日1日で「つながり」の不思議なマジックを体感しました。

そんなこんなで、充電したばかりの携帯のバッテリーが1日でなくなってしまいました。
不思議なことはあるものです。でも、これは偶然じゃなくて、自分が求めたからだったのかもしれません。求めれば得られる。そんなことをふと考えました。

|

2009/06/20

御殿場アウトレット

19日(金)はお休みだったので、御殿場のプレミアムアウトレットに行ってきました。以前から東名を通るたびに気になっていたのですが、土日はものすごい渋滞なので、平日に狙いを定めていたわけです。

アウトレットモールというのが往々にしてそうであるように、たいした物は置いてない。買いたい物が見つからない。そのことはあらかじめ織り込み済みです。身軽にバシバシ見て回りました。

結局買ったのはタケオキクチのフード付きパーカー(4500円)とBEAMSのタンクトップを2つ(1900円×2)。ほかにトゥルーレリジョンのデニムが気になったのですが、これはアウトレットではなく普通の新品(40,500円)。アウトレットに行って「欲しいな」と思ったら新品だったということは残念ながらよくあります。その辺も織り込み済み。

行き帰りの高速代とガス代を念頭に入れると決して安い買い物ではないのですが、今回は「何を買うか」よりはむしろ、「ずっと気になっていたあそこに行く」ことが最大目標だったので、欲しいものがなくてもオーライです。なんとなく気分がスッキリしました。うむ、それでよし。

今回いちばん嬉しかったというか、いちばんの収穫は、ひさびさに自然の良い空気を吸ったことですね。水の張った水田。稲の香り。そして雨を喜ぶ雨蛙の鳴き声。なんだか「これがまともなんだよな」と思ってしまった。稲や森の香りがしない都会の喧騒は何かが間違っていると思うのです。都会にいくぶんうんざりしてきたのかもしれません。

もう一つ嬉しかったことは、御殿場の市街で「ヤオハン」を見つけたこと。
知らない人がほとんどだと思いますが、「ヤオハン」というのは東海地方に展開していたスーパーマーケット。僕が子どものころに業績不振に陥って会社更生法だかなんだかを受けていたように記憶しています。要するにつぶれてしまったのだと。ところが当てもなく御殿場の市街を車で走り回っていたら、何とあの懐かしい「ヤオハン」の文字が。懐かしさのあまりクルマを駐めて、勢い余って食料品の買い物をしてしまいました。僕にとっては子どものころの思い出みたいなものなので、ひどく取り乱すくらい嬉しくなってしまったのです(と言って、いったいどの程度の人とこの懐かしさを共有できるのかはきわめて疑問ですが、それはともかく)。

入ったヤオハン東田中店は駐車場がたくさんあって、夜の9時だというのに次から次へと車が入ってきました。この辺りには「有料駐車場」などという概念はきっとないんだろうなあとつい思ってしまった。ま、それがまともなんだよな。

少しの時間しかいませんでしたが、<御殿場は住むには良さそうだな>と感じました。標高が高いから冬は寒そうだけどね。

|

2009/06/17

54

ふと思い立って、部屋の中にあるサッカーユニフォームの数を数えてみた。
54枚。

バカ……??

これでも結構処分したんだけどなあ……。
ヤフオクにもずいぶん出したし、要らないものは捨てたりもした。
なのにこれ。

はて……??

ここで数えた以外にも屋根裏にしまってあるやつとかを入れると
60枚ぐらいにはなりそうです。
からだは一つしかないんだけどねぇ……。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »