« こんな1日。 | トップページ | 腹の立つ出来事/Nickelbackの夜/父と話す »

2009/11/22

This Is It

ひさしぶりに映画館に行って映画を観てきた。
今回観てきたのはマイケル・ジャクソンの「This Is It」。
上映が今週一杯なので、いくら映画無精の自分でもさすがに観るし、行く。
一音楽ファンとして、やはりこれは観ておかないといけないでしょう。


もう観た人も多いと思うので詳細は書かないが、
50歳のMJがあんなに激しく動いてるとは思わなかった。特にダンス。
絞り上げられた肉体と妥協を許さぬあの姿勢にはやはり感嘆させられる。
そして彼の頭の中にステージングのイメージがすべてあることにも驚かされた。
すべてを把握し、演じ、指示している。
完璧主義者ならでは苦しさはあったかもしれないが、
あれだけやられると「生で観たかったな」と思わずにはいられない。
あそこまで激しいダンスをしながら、それでも口パクなんてしない。
(たぶんそういう発想自体が存在しないだろう)
この辺、ブリトニー・スピアーズやperfumeにも見習ってほしいところだが、
言うは易しで行うは難しなのであまり強くも言えない。


あと、これは細かいところかもしれないが、
凄腕のバンドメンバーが叩き出す音がカッコよかった。特にベース。
「Beat It」のイントロのところとか、結構鳥肌もんのカッコよさである。
やはりこういうスーパースターというのは、
東京ドームでも何でもいいから、一度は観ておきたい。
というか、観ておけばよかった。
とりあえず映画が観れただけでもよかったけれど、
一応機会はあっただけに、後悔の気持は残る。


で、そんな勢い余って、今日はもう1本観てきてしまった。
ディズニーの「クリスマス・キャロル」。
原作はディッケンズの超有名な古典だが、
名前は知ってても読んだことはないし、
筋を知らずに読むのも何となく億劫なので、
だいたいのイメージがつかめてこちらもよかった。
ディズニーの映画ってちょっと説教くさいところが前から気になってて、
この作品もそういうところは鼻についたけれど、
何しろ映像がきれいだったのでまあOKです。


しかし1日に2本も映画を見るなんていつ以来だろう?
ひょっとしたら生まれて初めてだったかもしれないな。
いやはや。

|

« こんな1日。 | トップページ | 腹の立つ出来事/Nickelbackの夜/父と話す »