« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/10

揺さぶられ感

あの地震のあと、地震酔いが続いている。
揺れていないのに揺れているような気がして、
何度も天井を見上げたり、観葉植物の葉っぱを見つめたりしている。
なんだかずっと気持ちが悪い。


うまく言えないのだけど、あの地震(あるいは余震)で
自分の中の何かが揺さぶられたようで、
何かがもやもやしています。


公園で日がなぼおおおっとしたり、
ずっと小説を読んだり、
3ヶ月くらい山でひきこもりたくなったり。
いつもと違うことになっている。


あの地震以来、自分の中の何かが変。
あるいは年度の変わりめのせいなのかもしれませんが。


この揺さぶられ感は、簡単には言葉で表現できないし、
また、簡単に言い表されるべきでもない物事のように感じる。


自分はあの震災の直接の被災者ではないけれど、
でも何か小さくない影響を受けているのかなと思う。


これはいったい何なんだろう?

|

2011/04/04

4月3日(日)

きのうは布団の中で『遠い太鼓』を読み、そのあとで洗車をした。
ふだん洗車なんてまずやらないのだけれど、フロントグラスにできたウォータースポット(白い斑点)が気になって、一気にいろいろやってみた。ふだん拭かないところも雑巾で(わりに)丁寧に拭き掃除をした。ウォータースポットはほぼ消滅。だいぶすっきりした。


夕方はカレーを作る。


玄関のドアについた猫の小便跡を拭きとり、近所に新しくできたホームセンターまで車で出かける。1本外れてぐらぐらになったドアのねじと、洗車用のスポンジ、あとは899円で見つけたバランスボールを購入。


ブックオフで雑誌を1冊と文庫本をいくつか。
ディケンズの『クリスマス・キャロル』とサン=テグジュペリの『星の王子様』、ヘミングウェイの『老人と海』。古典ばっかりだ。


さらに書店へと車を走らせ、NHKテキストの料理本3冊と、マンガを2冊。あとはベツコミ。「僕等がいた」を読まなければならない。ふだんから雑誌や書籍にはお金を使うのだが、今回も散財。そして今日も使いかけの図書カードを使いそびれてしまった……。

|

2011/04/03

子ども

きのうは公園でしばらく本を読んだあと、小腹がすいたので吉野家に入って軽く食事をした。
その後は通りの向かいにあるショッピングセンターに入る。


まずはサーティワンアイスクリームでダブルのコーンを頼み、温かい缶コーヒー(ホットドリンクが軒並み売り切れで、ブラックコーヒーしかなかった)を飲みながら、途中になった本を読み進める。ゲームセンターで1回だけUFOキャッチャーをやり(もちろん取れなかった。僕はこのUFOキャッチャーで品物を取れたことが一度もない)、100均ショップで洗車用のバケツとハンガーを買う。そしてベンチに座って再び本をキリの良いところまで読み進める。


土曜日の夕方のショッピングセンターには、2~3歳の子供を連れた家族連れがたくさん来ていた。さっきまでいた公園にも、小学校に上がるか上がらないかといった年頃の子どもを連れた親子連れがたくさん来ていて、サッカーボールを蹴ったり、フリスビーを投げたり、犬を散歩させたりしていた。芝生広場や室内のプレイランドで楽しそうにはしゃぎまわっている子どもたちを見ていると、少子高齢化というのは政府がでっち上げたデマに違いないという気がしてきた。世の中には本当にたくさんの親子連れがいるのだ。


当たり前のことかもしれないが、僕にはそういった子どもたちとの接点がない。
どれくらい接点がないかというと、「ほとんどない」と「まったくない」の中間ぐらいだ。
僕は子どもは嫌いではない。というか、むしろ好きな方である。単純に楽しい。
自分ぐらいの年齢ならば、もう子どもが幾人かいてもおかしくないし、子どもが幾人かいるのが普通なのだろう。
だが今のところ、子どもはいないし、結婚だってしていない。自分が子どもを持って公園の芝生広場で遊ばせるような光景を手にするのは、まだしばらく(あるいは「とても」)先のことであるらしい。


元気に楽しそうに遊ぶ子どもを見ていると少し複雑な気持ちになる。
ため息も出てくるし、うまく言葉で言い表すことができない。どうしたものか。


最近読んだうにたゆみの『うさぎドロップ』みたく、6歳の女の子を引き取って育てるというのも悪くない選択肢だなという気がしてきた。そういう可能性が果たしてどの程度あるのかもよくわからないけれど。


今日は曇り空が広がっている。

|

2011/04/02

やる気がでません。

今日は天気がよく、気温もあたたかいので、洗濯物を干したあとに出掛ける。行き先は四季の森公園のちかくにある長坂谷公園。最終処分場跡地の公園だが、なかなかきれいで、芝生広場が広くて見晴らしがよい。そこで日がなぼけっと本を読んでいた。


ここのところずっと本を読んでいる。ここ1週間で、『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』を再読し、いまは『1Q84』の再読中。BOOK1のまん中ら辺まで来た。ほかにも気の向くままに手当たり次第で読み漁っている。
『遠い太鼓』も読んでいるし、手塚治虫の『火の鳥』も読んでいる。まるで一日中本を読んでいるみたいだ。


なにしろやる気が出ないのである。1ヶ月くらい休んでのんびりいろんなことを考えたい。あるいは何も考えずに過ごしたい。なかなかそういうこともできないけれど。


地震のあとに一時的に「震災ハイ」みたいな状態になってしまったことがあって、そのせいかなとも思ったが、ちょっと違うような気がする。むしろどちらかというと、年度替わりのバタバタに自分がついていけてないように思える。日々憂鬱だし、先のことを考えて暗い気分になったりしている。寝ても熟睡できないし(これは前からだが)、嫌な夢を見て不快な気分で目覚めることが多い。寝覚めが悪いのだ。


いろいろと考えなければいけないこともあるし、書きたい原稿もあるのだが、なかなか手をつけられずにいる。


最近はこんな毎日。

|

2011/04/01

トラベルログ(3月30日)

起床、風呂、出発、駐車場のホテルスタッフ、散歩、バスターミナル、10時前にブックオフ、乙女峠、チョコレートふたつ、足柄駅、ファミリーマート、ヤンキー風の女の子、足柄峠、足柄城跡、写真撮影、下り、誓いの丘、ヘアピンカーブで写真撮影、ゴルフ場、足柄駅近くの公園、パークゴルフ場、御殿場線撮影、エクスパーサ足柄のドッグランを散策、裾野ポークの炙り焼き(ロータスガーデン)、おはぎふたつ+田舎串(きなこ)、アウトレット、ディーゼル、オランダ代表、タリーズ(アボカドドック&ジンジャーバニララテ)、駐車場出庫、裏道、カインズホーム屋上で一時間半眠る、出庫、TSUTAYA、キミサワで買い物、マックスバリュで魚とピザ、東名、エクスパーサ、ラーメン、NHKニュース、帰路。

|

トラベルログ(3月29日)

グランベリーモール、日本代表ピステ、東名高速、海老名、足柄、さぼてんロースかつ定食、ミニラーメン、御殿場インター、チェックイン、サッカー、カズ、散歩、セブンイレブン、風呂、ナンバーを読んで寝る。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »