« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011/05/12

映画、小説、原稿書き。

ゴールデンウィーク辺りから、ずっと映画を観ている。
自分としては、かなり珍しい。
映画館で観るのは1年に1本程度、
それもほとんどがマンガ原作のものと相場が決まっているような人である。
1週間のうちで何度も映画館に足を運ぶなど考えられなかった。


きっかけは、日曜昼の「王様のブランチ」か何かで、
吉高由里子の『婚前特急』と、ジャック・ブラックの『ガリバー旅行記』が
取り上げられていて興味を持ったのが始まり。
ジャック・ブラックは『スクール・オブ・ロック』以来好きで、
この人の映画はたまに観ている。


で、『阪急電車』に始まり、
『ガリバー旅行記』、『婚前特急』をGWのうちに立て続けに観る。
『阪急電車』は600円出してプログラムまで買ってしまった。
今日は金券ショップで『八月の蝉』と『阪急電車』の前売券を買った。
(『阪急電車』は』もう1回観るつもり)
あと、公開前だが、『東京公園』も観たい。
最近は邦画づいている。邦画のほうが良いみたいだ。


近所のレンタルDVDも使っている。
ここ1週間で、『劔岳 点の記』、『トニー滝谷』、
『海でのはなし』、『築地魚河岸三代目』の4つを観て、
今日はさらに、『Liar Game Final Stage』、『好きだ、』、『アマルフィ』、
『人のセックスを笑うな』、『百万円と苦虫女』、『劔岳 撮影の記』
の6つを借りてきた。1日1本のペースで観ようと思う。
ほかにも観たいものはたくさんあったんだけどな。
ま、それはまた今度。


<どうしちゃったのだろう?>と自分でも思う。


でも、何かを探しているらしいことは薄々ながらも自分でわかる。
何を探しているのかも薄々ながら気がついてはいるけれど、
まだ確信もないし、気恥ずかしい気もするのでここでは控えておく。


映画のみならず、いまは本や小説も(これも主に日本のもの)
次から次へと読んでいるし、書きたい原稿も山積してるし、
まったくもって時間が足りない。
まあ、次なるターニングポイントに向けての準備段階なのだろうなあという気がします。
どういう結果になるのかはまださっぱりわかりませんが。

|

2011/05/09

京王線 (見たこともない景色見せてよ)

今日も電車に乗る。乗る。乗る。乗る。
なにしろ天気が良いから車窓の景気も良い。


まずは相模鉄道で湘南台まで。
ガラガラの電車をしばし満喫。
そこから海老名に移動し、再びの相模線で前回とは逆方向の茅ヶ崎へ。
車窓の景色を眺めたり、吉田修一の『日曜日たち』という短編集を読んだり。
茅ヶ崎でいったん下車。


茅ヶ崎駅前をしばしふらふらして、北へ向けて歩きだす。
北茅ヶ崎の駅から同じ相模線を北向きに乗車。一気に橋本まで。
これで相模線は全区間をコンプリート。


橋本では「ario」というショッピングセンターを散策したあと、
京王線に乗って南大沢まで。
ココのアウトレットは今日が初めて。
前から行ってはみたかったんだ。
アウトレットなんて大概何も期待しないで見てるんだけど、うっかり2つも購入。
ボーダーがらのカットソーと、あとはTシャツ。
それにしても南大沢の駅前は、想像していたよりずっと拓けていてビックリした。
新しい街に行くとやっぱりワクワクする。


閉店後はアウトレットの真横にあった首都大学のまわりを半周。
けっこう大きいキャンパスなのねえ。
どうも大学キャンパスというところが好きなのです。
(首都大学は昔の都立大学。東横線のあの駅名はまだあるんかいな?)


この辺は多摩丘陵とでもいうんでしょうか?
きっとむかしは山だったのを切り拓いてニュータウンにした感じ。
でもなんか広々していて好きだな。
稲城の辺りの雰囲気も昔から好きなんだけど、
どことなくあの辺に感じが似ている。
何でこういうところが落ち着くんだろう? 不思議だ。


結構いい時間になったので、南大沢駅の大戸屋でごはん。
せっかくなので、帰りは永山まで京王線。
あとは小田急線を使って帰りました。
電車賃だけで2500円くらいいったな。別にいいんだけど。


京王線って、普段あまり縁がなくて、
むかし味スタに何度か観戦に行った以外は、
仕事で時々、八幡山に行ってたぐらいしか使っていない。
なので乗っててすごく新鮮な感じがしました。
特に橋本までの沿線はまったく初めてだったし。
でも、この沿線なんか妙に好きな感じ。
「どうしてだろう?」と思ったりもしたのだけれど、
ふと気がついたのは、沿線に大学が多いこと。
都心で手狭になった大学がわんさか来ているので、
学生率の多さとか、大学生っぽい雰囲気とかがハマるのかもしれない。


うーん、やっぱいいよねー。大学生って。
ああ、きっとこれ一生言ってそうだなあ。


ともあれ、<なんでこんなに電車なんだろう?>とさすがに思う。
なんかね、どこかに行きたいのかもしれない。
どこかに行ってしまいたいのかもしれない。


♪赤い電車に 乗っかって 僕はどこかへ 行ってしまいたい♪
♪こんな街もあるんだ 見たことのない 景色見せてよ 赤い電車♪


まあ、そういうことなんでしょうかね。

|

2011/05/08

小野裕二

昨日のアビスパ福岡戦は気持ち良い勝ち方だった。
いや、まあ、前半はひどいものだったけれど……。


雨もあったし、敵味方に関わらず、足を滑らせている選手もたくさんいた。
でもそれ以上に、しょうもないパスミスでリズムを失うことが多かった。
あとは味方へのバックパス。特に波戸。
守備は堅実なのだが、消極的。ま、いつものことだけど……。


福岡は10番の城後が良かったし、嫌だった。
そこそこ高さもあり、ポストもでき、攻撃の組み立てにも参加し、
嫌~なところに顔を出してくる。味方も使う。味方も城後を見てる。
得点前から嫌な感じはしてたんだよな~。

で、肝心なところにちゃんと居て、2点(お見事)。
老獪なプレーをするのでベテランかと思ったら、
カズマと同い年……っていうか、国見高の同級生じゃないっすか。
ひぇー。


後半は、見てのとおり。
足を滑らせる選手はいなくなったが、
カズマのゴールのあと、またバックパス癖が出て一時リズムを失う。
中澤は全体に良くなかったねぇ~。今年に入ってから急に衰えを感じる。
飯倉はまたしても神セーブ連発。
飯倉のおかげで何点たすけてもらったことやら……。


大黒は悪くなかったけど、
この交代が当たるんだから今年の和司はどうかしちゃったんじゃないかと。
きっと中にはザックが入っているに違いない。
もしくはオシムが入ってるのかも。


0-2をひっくり返したなんて試合、記憶にないなあ。
しかも小野ちん2ゴールというのは最高です。


もともと下位相手にどう戦うかが課題だったわけだけど、
ま、課題も洗い出せたし、でも結果は出たしでよかった。


しかし何気にうちのFW3人、2試合で5ゴールじゃないっすか。
すげー。

|

2011/05/06

O-111と言えば……

ここのところ焼き肉店で発生した病原性大腸菌O-111のニュースが
頻繁に取り上げられていますが、結構身近なことなんだなって。


「子ども」のところで書いたショッピングセンターの向かいに
その焼き肉店があって、あの日もちょっと気になってたんだよなあ。
安っぽそうだけど、安そうだし、一度食べてみたいなあ、って。


危なかった。
時期的に食べたらヤバかったかもしれん。
あの店で食中毒になった女性は、いまも意識がはっきりしないと言うし。
全然笑いごとではない。気の毒すぎる。


事件は意外に身近なところで起きてるんだなあという話。

|

知らない街

「相模線」のところでも書いたけど、
知らない街に行くの楽しい。
なんだかどきどき、わくわくする。いつもそうだ。
そして「ここに住みたいか、どうか」という視点で見てしまう自分がいる。
これはもう結構昔から。


知ってる街はもういいや。町田とか、面白くないし。
横浜行っても別に楽しくもなんともない。
横浜は「仕事する場所」になってしまってるので余計そうかなあ。


そろそろ拠点を変える時期なのでしょうか。

|

2011/05/05

赤い電車

電車シリーズ第2弾。
今日は京急です。


京急は羽田方面はよく乗ってるけど、
久里浜や三崎口方面はないんだよなあ。
横須賀中央より先に行くのは今日が初めてです。
BGMはもちろん、くるりの『赤い電車』。あと、『ハイウェイ』。
今日は生憎の曇り空なので、沿線の景色はそれほど綺麗には映らず。
でも先頭車両の最前列を確保しました(←子どもかっ)。


で、まずは三崎口。
とにかくまずは端っこまで行ってみたいということで、三崎口。
しかしここ、本当に何もないのね。
バスに乗らないとそこから先はどうにもならないのだが、
特に城ケ島に行きたかったわけでもないので、
ふらっとその辺を散歩して戻ってきました。
近くのコンビニで買ったサンドイッチを
開けた途端に鳶にかっさらわれるというオマケ付き。とほほ。


次は久里浜。
その次は金沢八景で乗り換えて新逗子駅で降車。
逗子ではうっかり海まで出てしばしのんびり。
ココは面白そうな飲み屋がたくさんありますなあ。
雰囲気もわりに好きだし、ちょっと住んでみたいかも。


JRの逗子駅から横須賀線で横須賀駅まで移動。
汐入駅前の大きなショッピングモールは目立つからと思って
入ってみましたが、見事に寂れてますなあ。
まあ今はほかにも競合するとこあるからね。


モスバーガーで宿題になっていたご相談ノートを整理して、
しばらくうたた寝。なにしろ疲れて眠かった。
汐入からはちょうどよくやってきた特急で横浜まで帰ってきました。
本当は2ドアの車両がいかにも「特急」っぽくって、
乗り心地も好きなんだけどな。


今度はもう少し天気の良い日に乗れたら楽しそうだなあ。

|

2011/05/04

相模線

元々、電車で当て所のない旅をしてみたいと思っていた。
今回のGWはそこまで長期の旅はできなかったので、
1日単位で「とにかく電車に乗る」ことを目的にして出掛けた。


5月4日はJR相模線。
海老名まで出て、マルイで予定外の買い物をしたあと(夏用のサンダル)、
橋本方面に向けて乗った。相模線は生まれて初めて。


いいねぇ~。単線ってところがまた良い。
降車時にボタンを押してドアを開けるなんてのも、
いかにも地方っぽくって好きだ。
横浜からほど近いところに無人駅があったのにも驚いた。
初めてだったけど、この路線、結構好きかも。


途中の原当麻駅で降りて、相模原公園まで歩く。結構歩く。
再び原当麻に戻って、そのまま橋本まで。
橋本って初めて降りたけど、なかなかよい感じでした。
(夜だったのでよくわからんかったけど)


初めての街に行くと気分が高揚する。
うっかり橋本で1泊して次の日甲府まで行ってしまおうかと思った。
結構距離があるので今回はやめといたけど。


帰りの橋本から町田までは
もっと距離があるかと思っていたけど、意外と短くてびっくりでした。
明日は赤い電車に乗ります。

|

2011/05/02

「阪急電車」

映画『阪急電車』を観た。
阪急はあのレトロな外観や、沿線の街並みが好きだ。
関西の私鉄5社の中なら、迷わず阪急沿線に住みたい。


……というわけで、
戸田恵梨香が出てたからというわけでもないのだけれど、
映画はすぐに観た。
で、あとから原作を読んだ。


どちらも、良い。
原作は原作で、映画よりもほっこり度が高くて◎。
一気に2回続けて読んでしまった。


今津線には乗ったことがないので、
今度行ったら、宝塚駅から順に1個ずつ降りて
付近を探索してみたいと思うのでした。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »