« 京王線 (見たこともない景色見せてよ) | トップページ | 夢だけは…… »

2011/05/12

映画、小説、原稿書き。

ゴールデンウィーク辺りから、ずっと映画を観ている。
自分としては、かなり珍しい。
映画館で観るのは1年に1本程度、
それもほとんどがマンガ原作のものと相場が決まっているような人である。
1週間のうちで何度も映画館に足を運ぶなど考えられなかった。


きっかけは、日曜昼の「王様のブランチ」か何かで、
吉高由里子の『婚前特急』と、ジャック・ブラックの『ガリバー旅行記』が
取り上げられていて興味を持ったのが始まり。
ジャック・ブラックは『スクール・オブ・ロック』以来好きで、
この人の映画はたまに観ている。


で、『阪急電車』に始まり、
『ガリバー旅行記』、『婚前特急』をGWのうちに立て続けに観る。
『阪急電車』は600円出してプログラムまで買ってしまった。
今日は金券ショップで『八月の蝉』と『阪急電車』の前売券を買った。
(『阪急電車』は』もう1回観るつもり)
あと、公開前だが、『東京公園』も観たい。
最近は邦画づいている。邦画のほうが良いみたいだ。


近所のレンタルDVDも使っている。
ここ1週間で、『劔岳 点の記』、『トニー滝谷』、
『海でのはなし』、『築地魚河岸三代目』の4つを観て、
今日はさらに、『Liar Game Final Stage』、『好きだ、』、『アマルフィ』、
『人のセックスを笑うな』、『百万円と苦虫女』、『劔岳 撮影の記』
の6つを借りてきた。1日1本のペースで観ようと思う。
ほかにも観たいものはたくさんあったんだけどな。
ま、それはまた今度。


<どうしちゃったのだろう?>と自分でも思う。


でも、何かを探しているらしいことは薄々ながらも自分でわかる。
何を探しているのかも薄々ながら気がついてはいるけれど、
まだ確信もないし、気恥ずかしい気もするのでここでは控えておく。


映画のみならず、いまは本や小説も(これも主に日本のもの)
次から次へと読んでいるし、書きたい原稿も山積してるし、
まったくもって時間が足りない。
まあ、次なるターニングポイントに向けての準備段階なのだろうなあという気がします。
どういう結果になるのかはまださっぱりわかりませんが。

|

« 京王線 (見たこともない景色見せてよ) | トップページ | 夢だけは…… »