« 小野裕二 | トップページ | 映画、小説、原稿書き。 »

2011/05/09

京王線 (見たこともない景色見せてよ)

今日も電車に乗る。乗る。乗る。乗る。
なにしろ天気が良いから車窓の景気も良い。


まずは相模鉄道で湘南台まで。
ガラガラの電車をしばし満喫。
そこから海老名に移動し、再びの相模線で前回とは逆方向の茅ヶ崎へ。
車窓の景色を眺めたり、吉田修一の『日曜日たち』という短編集を読んだり。
茅ヶ崎でいったん下車。


茅ヶ崎駅前をしばしふらふらして、北へ向けて歩きだす。
北茅ヶ崎の駅から同じ相模線を北向きに乗車。一気に橋本まで。
これで相模線は全区間をコンプリート。


橋本では「ario」というショッピングセンターを散策したあと、
京王線に乗って南大沢まで。
ココのアウトレットは今日が初めて。
前から行ってはみたかったんだ。
アウトレットなんて大概何も期待しないで見てるんだけど、うっかり2つも購入。
ボーダーがらのカットソーと、あとはTシャツ。
それにしても南大沢の駅前は、想像していたよりずっと拓けていてビックリした。
新しい街に行くとやっぱりワクワクする。


閉店後はアウトレットの真横にあった首都大学のまわりを半周。
けっこう大きいキャンパスなのねえ。
どうも大学キャンパスというところが好きなのです。
(首都大学は昔の都立大学。東横線のあの駅名はまだあるんかいな?)


この辺は多摩丘陵とでもいうんでしょうか?
きっとむかしは山だったのを切り拓いてニュータウンにした感じ。
でもなんか広々していて好きだな。
稲城の辺りの雰囲気も昔から好きなんだけど、
どことなくあの辺に感じが似ている。
何でこういうところが落ち着くんだろう? 不思議だ。


結構いい時間になったので、南大沢駅の大戸屋でごはん。
せっかくなので、帰りは永山まで京王線。
あとは小田急線を使って帰りました。
電車賃だけで2500円くらいいったな。別にいいんだけど。


京王線って、普段あまり縁がなくて、
むかし味スタに何度か観戦に行った以外は、
仕事で時々、八幡山に行ってたぐらいしか使っていない。
なので乗っててすごく新鮮な感じがしました。
特に橋本までの沿線はまったく初めてだったし。
でも、この沿線なんか妙に好きな感じ。
「どうしてだろう?」と思ったりもしたのだけれど、
ふと気がついたのは、沿線に大学が多いこと。
都心で手狭になった大学がわんさか来ているので、
学生率の多さとか、大学生っぽい雰囲気とかがハマるのかもしれない。


うーん、やっぱいいよねー。大学生って。
ああ、きっとこれ一生言ってそうだなあ。


ともあれ、<なんでこんなに電車なんだろう?>とさすがに思う。
なんかね、どこかに行きたいのかもしれない。
どこかに行ってしまいたいのかもしれない。


♪赤い電車に 乗っかって 僕はどこかへ 行ってしまいたい♪
♪こんな街もあるんだ 見たことのない 景色見せてよ 赤い電車♪


まあ、そういうことなんでしょうかね。

|

« 小野裕二 | トップページ | 映画、小説、原稿書き。 »