« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年9月

2011/09/25

自転車で旅する

ここのところ、羽海野チカの『ハチミツとクローバー』を再読した。
1巻から10巻までを、2回通しで。
前回読んだのはもうだいぶ前だ。5年くらい前かもしれない。
筋はあらかた忘れてしまっていて、
おかげでというかなんというか、とても新鮮な気持ちで読むことができた。


6巻くらいから竹本君が自転車で旅をするシーンが出てきて、
とても懐かしい気持ちになった。
自分もむかしやったことがある。
「ああ、そうそう。こんな感じなんだよね~」って。
諏訪から神戸まで走ったのが96年。
北海道を2ヶ月かけて1周したのが97年。もう14年も前だ。


だいぶ遠い日のことになってしまったけれど、あの旅はとても思い出深い。
翌年の98年にバイクを買って、四国をぐるっと回ってきたけれど、
自転車での旅のような充実感は得られなかった。
なんというか、「自分の脚でここまで来たぞ」という
フィジカルな充実感が得られなかったのだ。
やっぱり自転車が楽しい。ものすごくお腹が減るんだよね。


たぶん答えなんかどこにもなくて、
ただ走りたい、次の街に行ってみたい、知らない街を見てみたいという
ただそれだけのことなんだけれど、
あの2ヶ月はすごく自分が生きてるという感じがした。1日1日を生きていた。


自転車からは話が外れるけれど、ハチクロというマンガは本当に面白い。
自転車以外にも、はぐみのリハビリのシーンとか、
自分に重ね合わせて読んでしまった。
大学2年の終わりにスキーで靱帯をやって、
リハビリがとても辛かったので、こういうのは本当によくわかる。
自分の場合は「もうこれくらいでいいや」で諦めてしまったので、
右膝が今も少し曲がったままになっている。
歳をとったら、そのツケがたくさんまわってきて難儀している。


舞台が美大というのも良い。
浜美は武蔵野美術大学(ムサビ)がモデルなんだけど、
5~6年前の原点みたいなものを少し思い出したような気がした。

芸術祭が10月の終わりにあるようなので、
また行ってみようかなと思った。

|

2011/09/24

布団

春から夏にかけて、
朝方に身体が冷えてしまうことがあまりに長く続いたので、
耐えかねて掛け布団を買った。@無印。


羽毛の布団はあったかいけど、あの軽さが物足りないので、
「寝返りを打っても身体に沿う布団」みたいなのにしてみた。
2枚組で、1枚でも2枚でも使えるので、
気温の変化に対応しやすいところも気に入った。
9000円はちょっと痛い出費だけど、ここのところの体調の悪さを考えたら、
「まあ出しても惜しくないかな」という気持ちになった。


この布団、良いです。
起きてもちゃんと身体の上に布団がある。
寒くない。眠れる。
「良い買い物をしたなあ」と、少し嬉しくなった。

|

2011/09/23

夏の終わり

台風が去って天気が良くなったと思ったら、急に涼しくなった。
いつも通りサンダルで出掛けようとしたら、
思いのほか寒かったので慌ててスニーカーを引っ張り出した。
Tシャツ1枚ではもう寒くて、長袖のパーカーをその上から羽織る。


台風が夏をまるごとさらっていってしまった。
もう秋なのだなあ。淋しい……。

|

2011/09/22

R.E.M.解散

R.E.M.が解散を発表した。


……が、あまり驚きや動揺はない。
突然の解散だったので、一応びっくりはしたのだが、
でもかといって、驚いたかといえばそうでもなく……。


なんというか、ここのところのR.E.M.からは、
覇気みたいなものが感じられなかったのだ。
だから、解散と聞いてもなんだか妙に納得してしまったし、
あまり「残念だ」という気持ちがない。
こんなこと言ったらファンの人に怒られそうだけれど。
(まあ、僕もファンなんだけれども……)


R.E.M.は相変わらず良い曲を作るし、精力的に活動はしていたと思うけれど、
一時期のような勢いのようなものは感じられなくなっていた。
アルバムも毎回買っていたけれど、昔ほど聴き込んだ記憶がない。
「R.E.M.のいちばん好きなアルバムは?」と訊かれれば、
あれこれ悩みつつも「Automatic For The People」を挙げると思う。
なんだ、もう19年前の作品じゃん。


いま振り返ってみれば、ビル・ベリーが抜け、
プロデューサーのスコット・リットと袂を分かったたあたりで
何かが変化したような気がする。
ビル・ベリー脱退直後の「Up」というアルバムは、
それまでにない実験的な要素がたくさんあって当初はよく聴いたが、
長く愛聴したかといえばそうでもない。
「Up」、「Reveal」。この辺りからこのバンドに対して、
何か言いようのない違和感というか、距離を感じるようになった。
そしてかつての親密さが帰ってくることはもう二度となかった。


R.E.M.は、U2やパール・ジャムと並んで、
一時期僕の好きな3大アーティストだった。
ライヴを直接観たのは、96年ごろの武道館公演が最初で最後だった。
アルバム「Monster」の時のツアーだ。


ちなみに、アルバム「Around the Sun」の時の武道館公演は
チケットは買ったものの、フットサルのケガで行けずじまい。
どうせなら夏フェスか何かであともう1回観たかったなと思う。
でも単独公演に行くかといえば、ちょっと迷ってしまう。
つまりその程度ということだ。
(……とか言いつつ、結局は行くんだろうけれど)


うまく言えないけれど、
この時期の解散で良かったんじゃないかなと思う。
たくさんの良い曲と、たくさんの思い出に感謝したい。


そして、マイケル・スタイプがソロアルバムを出したら(たぶん出しそうな気がする)、
やっぱりなんだかんだ言って買っちまうんだろうなあ。
それはそれでちょっと楽しみだ。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »